楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

【仕事がデキる手帳術】必ず知っておきたい効率的な書き方・ポイントまとめ|社会人・ビジネスマン向け

      2017/05/24

手帳

こんにちは、マキです!(^^)/

社会人のみなさん…新年度が始まって約1か月が経とうとしていますが、スケジュールの管理はどのように行っているでしょうか?

毎日忙しくて覚えることがいっぱいの新入社員、必死に会社のやり方についていっていると思いますが、いち社会人として仕事をしていくうえでスケジュール管理をきちんとできる人になりましょう!

そこで今回は、巷でも人気の「手帳術」に関する話題についてです。

これだけデジタルのものがあふれかえっている中、近年では「手帳術」や「ノート術」が人気となっているのをご存知でしょうか?

やはり手書きの暖かみはデジタルでは味わうことができないような、その人の性格や気持ちなどが顕著にあらわれることなどが人気の理由ではないでしょうか。

さて、仕事ではなくプライベートで手帳をつけているという方が非常に多いのですが…新社会人になったみなさん!

もっと効率良く仕事を進めていくためにも、手帳をつけていないという方はぜひ手帳術をマスターして手帳をつけてみてはいかがでしょうか?(^^)/

今回は、手帳デビューの方やあまり書いていない…という方でもできるような、カンタンですぐできる効率的な手帳の書き方についてご紹介していきたいと思います♪

社会人!手帳を持ち歩いて書き込もう♪

スポンサードリンク

どうして手帳を書くといいの?

ノート

手帳って書いても書かなくても、とりあえず予定は頭の中に叩き込んでいればいいんじゃないの?

いちいち手帳を取り出して書くのって、面倒くさい…

そんな風に思っていませんか?(T∀T)

確かに、これだけデジタルの世界の中でアナログ手法でメモをとったり、スケジュール管理をしていくのってどうなの?って思いますよね。

今ではスケジュール管理はもちろん、やらなくてはならない事のタスク管理であったり、さまざまなことがアプリや便利なサイトによって叶う時代です。

でも、手帳を自分の手で「書く」ということはとっても大切なこと!

手帳を書くメリットとしては…

ポイント
  • 自分で考える、書くという工程を経るので物事を忘れにくくなる
  • 字だけでなく絵を描いたり、デジタルよりも直感的にメモを取ることができる
  • 集中力が上がる
  • いつでも読み返すことができる
  • スケジュールの管理能力が上がる
  • スマホと違い電池切れなどを気にしなくてすむ
  • 仕事の内容やその日あったことを忘れにくくなる

…など、まずは「忘れにくくなる」というのが最大のメリットに。

プライベートの予定はもちろんなのですが、ビジネスにおいて先のスケジュールを把握して管理するというのは社会人の基本です!

手帳を利用してきちんと記録していることで、忘れてはいけないことだけでなく何気ないことも併せて記憶しやすくなり、いざ仕事の場面でその情報が役立つことも。

実際に、社会で成功をおさめている方は自分の手帳スタイルを確立させてきちんと記録している人が多いんですよ。

注意・手帳は見られている…!

ノート メモ

ビジネスの場面で名刺交換をするのと同じように、手帳って意外と人に見られるものなんです。

たとえば、その手帳があまりにも派手なものだったとしたらTPOにそぐわないと感じられてしまいますし、ちらっと見えた手帳がきっちりきれいに整理されて書かれていたら逆に仕事がデキる人!と思われますよね。

手帳の中身はもちろんですが、手帳選びのセンスも問われます。

手帳=自分のプライベートなものというイメージがあるかもしれませんが、手帳を出す場面を考えると仕事中や取引先との電話のとき、会議のときなど、意外と人目につくときとなります。

…ということは、見られても恥ずかしくないような手帳を選ぶ必要があり、さらに中身についてもだらしない印象を与えるのを避けるため、きれいにまとめておくと印象が良くなるということになります。

身の回りの整理整頓をするのと同様に、手帳の中身もきちんと書いておきたい内容をまとめておくことが必要になるんです。

手帳 ノート

ビジネスの場面において、手帳は自分だけのものではなく仕事のためのツールのひとつだと言えるんですね。

決して大っぴらに誰かに見せるわけではありませんが…きれいにまとめられた手帳は、後で読み返しても必要な情報をすぐチェックすることがわかりますし、気分も良いですよね♪

手帳の選び方について

パソコン ノート

ビジネスにおいて、手帳がとても大切なものだということはわかりました。

では、手帳の選び方って具体的にどうしたら良いのでしょうか?(´・ω・`)

まずコチラの記事で自分に合った手帳を探す方法についてまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

↓自分に合った手帳探しを!書き続けられる手帳の見つけ方についてはコチラ↓

さまざまなフォーマットや、サイズ、デザインなど選ぶポイントがたくさんあって迷ってしまうと思いますが、ビジネス用としてあまり派手すぎないものを選びましょう。

手帳を持っていないという方は手帳選びからスタートですが、まずは手帳に書きたいことをリストアップしてまとめてみましょう。

手帳 ノート

手帳に書くことといえば…

手帳に書くことの例
  • 仕事の予定
  • プライベートの予定
  • 仕事中のメモ
  • To Doリスト
  • 目標を書いておく
  • ライフログ(日記)

こんな感じですね(^^)

仕事とプライベートの予定って分けた方がいいんじゃないの?と思いますが、手帳初心者の方はまず同じ手帳に書きこむようにしてみてください。

手帳をプライベート用と仕事用と分けて持っていると仕事用・プライベート用と管理がとても面倒だったり、書くモチベーションが下がってしまうことが。

たとえば、忙しくてなかなか記入できていない手帳を見ると、やらなきゃ…(´・ω・`)と思いつつも面倒でやる気が下がってしまいませんか?

これがプライベートと仕事用とを分冊にしている場合、やる気が下がる×2となってしまいます。

手帳はどれだけキレイに書こうとしても、何はともあれ書き続けなくては意味がありません

用途に合わせて分冊にするのは手帳上級者となりますので、手帳初心者の方はまずオンオフ問わず書きやすそうな1冊を見つけてみてくださいね。

手帳の書き方

ある程度手帳に書きたいことが決まったら、実際に書いてみましょう!

ここでポイントですが、書きたいことが特に決まっていなくてもOKということ。

書きたいことというのはあくまで参考にしている程度、手帳に書くためのテンプレートとして頭に入れておきましょう。

色分け

色鉛筆 まとめ 多様

手帳を書くとき、ボールペンの黒一色で書いていませんか?

確かに、学生のときとは違ってポップでカラフルな手帳にすることは減ると思いますが、社会人になってからの手帳については3~4色のボールペンを使うのがオススメ

シックに黒一色で手帳をつけると、読み返したあとに「あれ、どこだっけ?」ということになります。

会議の内容は黒、大事なことは赤、プライベートは青…というふうに、一目で見てどれがどのジャンルの内容なのか把握できる手帳づくりをしていきましょう。

内容を整理しよう

最近はフリクションのように、ペンなのにカンタンに字を消すことができる特殊なものが増えていますよね。

こういったアイテムを使ってまずメモのように手帳を書き、その後清書をしてみてはいかがでしょうか。

きれいな手帳=情報を取り出しやすい手帳ですから、メモをもとい必要な情報を清書していくと、後ほど読み返したときにわかりやすくなるのでは。

目標を立てよう

新社会人 女性

手帳にはフリーページがあったり、最近ではさまざまなフォーマットが用意されていますので、目標を書くスペースがあることも。

先を見据えた大きな夢を書いておくのはもちろん、

・「今月の目標は…」
・「今日1日は●●をする日」

…などとできるだけ細かく目標を書くようにしてみてください。

自分自身の目標はもちろんですが、その日の売り上げ目標を書いておくのもオススメですよ。

その日の目標を達成できたかどうか、1か月が終わったときに振り返ることができるなど、手帳を開く機会が増えますよ。

締め切り&やり始めを書こう

クローバー 色鉛筆 幸せ まとめ

書類や原稿を提出する締切日などがあったりしますが、手帳に締切日を書くことはよくありますよね。

締切日だけでなく、その作業をスタートする日も書きこんでみましょう。

余裕を持って前日には完成するようなスケジュールにしていくことで、仕事をスムーズに終わらせることができるように。

何かトラブルやアクシデントがあったときにも時間に余裕を持ったスケジューリングにしておくことで、締め切りを過ぎないように調整することもできます。

プライベートはマークを使おう

女性 ショッピング

プライベートと仕事の予定を一緒に書くことも多いと思いますが、プライベートの方は自分がわかればOKなのでいろいろな書き方をしてみてくださいね。

わかりやすく簡単にプライベートの予定管理ができるのが、マークを書くということです。

・「彼とデートならハート」
・「給料日ならお金マーク」

…などのように、一目で見てわかりやすいマークを書いておけば文字ばかりでスケジュールがごちゃつくこともありません!(^^)v

言葉をカンタンに(略語)

手帳 ノート

「ミーティング」や「社内朝礼」などよく行われるもの、社内で定期的に行われる出来事はそのまま手帳に書くのではなく、わかりやすく簡略化しましょう。

つまり、略語で簡単に書こうということです。

手帳を開くたびいちいちミーティングと書かなくても「11時 MTG(ミーティング)」でOK♪

略し方は人それぞれだと思いますが、あまりにも略しすぎて後になってから「???」と混乱しないように気を付けて!

代表的なものを載せておきますね(^^)/

・ミーティング…MTG
・ランチ…L
・ディナー…D
・電話…TEL、T
・アポイント…AP

こういった略語やマークをうまく使いこなして、すてきな手帳つくりをしてくださいね(^^)/

まとめ

新社会人 男性

いかがでしたか?(^^)/

こちらの記事でもご紹介していますが、手帳やノートを書くということはさまざまなメリットが生まれます。

考え・書くという工程を経ることで…

・物事を忘れにくくなる
・管理能力が高まる
・データと違って書いたことが消えない

…などなど、その嬉しい効果はたくさん!(^ω^)

取引先や上司の前で手帳を開いてメモしている姿って、きちんと話を聞いているという評価にもつながりますから、デメリットはひとつもありません!(断言)

また、新社会人になってからこうして創意工夫して作り上げた手帳というのは、仕事に関する情報がたくさん詰まったいわば「財産」とも呼べるものになります。

いつか仕事に行き詰ってしまったとき、やる気をなくしてしまったとき、失敗したりわからないことがあったとき、手帳を読み返すことで解決できる糸口をつかむことができるかもしれません。

新社会人 女性

今はまだ覚えることがたくさんで手帳をとっているようなヒマもないかもしれませんが、わからないことをわからないと素直に聞くことができる新人の今だからこそ、得られる情報もたくさんあると思います。

がむしゃらに仕事を覚えて、その過程で貴重な情報がたくさん詰まった手帳を作り上げていってくださいね!(^▽^)ノ

また、「自分のことを知る」機会を作ってくれるさまざまなノート術もご紹介していますよ!

自分を知ることで行動や考え方、モチベーション維持などに大いに役立ちますよ(*^^)v

ノート

こんにちは、マキです!(^^)/

新年度が始まってから早1か月が過ぎようとしています…。

卒業をして新生活が始まったという方は多いと思いますが、特に大きくプレッシャーがかかるのが新社会人のみなさんではないでしょうか?

学生のときのように友達と遊んだり、楽しいキャンパスライフを送る日々が終わってしまう新社会人…。

これからは社会・会社の一員として毎日「仕事」をしていかなくてはなりません。

そんな新社会人の方といえば、まずは仕事を覚えるところから始めていきますよね

ここで質問です…(T∀T)

・みなさん、どうやって仕事を覚えますか?
・どうやって毎日のやるべきことをこなしていますか?
・どうやってスケジュールを管理していますか?

新社会人はやるべきことがたくさん、頭がパンクしてしまうという方も少なくありません。

そこでぜひ使っていただきたいのが「ノート」です!

学生時代に毎日使っていたであろう、ノート…。

これをまた新社会人になってからもぜひ使ってみていただきたいのですっ!

今回は、そんなノートに関する上手な使い方や選び方を、新社会人の方向けという目線でご紹介していきたいと思います♪(^^)/

スポンサードリンク

ノートを使って効率良く仕事をしよう!

ノート パソコン

流行りの「ノート術」って?

いま空前の文房具ブームとなっているのをご存知でしょうか…?

私たちが子どものころに使っていた文房具のイメージとはかけ離れた、なんとまぁ!!と驚くようなアイテムが続々と登場しています。

そんな文房具への熱が高じたことで「文具ソムリエール」となった方もいらっしゃるほど!(゜Д゜)

当メディアでも、人気のノート術や手帳術をいくつかご紹介していますよ♪

↓自分を変える!自己啓発ノートのつくり方↓

↓趣味のひとつに♪アイデアノート、シンデレラノートのつくり方↓

↓手帳でプライベートも仕事も一括管理!手帳術について↓

今回は「ノート」に着目して、仕事やプライベートに役立つ新社会人向けのさまざまなノート術をご紹介していきます♪

「書く」ノートの必要性について

ノート

今や「デジタル」が当たり前の時代。

パソコンやスマホを扱うことができないと、マイナスポイントとも言われるほど…。

タイピングが早い方なら思いついたときにさっとノートパソコンなどでアイディアをメモしておくことも可能ですが、やっぱりアナログの「書く」ということも必要なんです。

誰もが勉強をするときにはまずノートを使って書く・見るという動作をすると思います。

書きながら読むという動作をする方もいれば、黙々と同じことを繰り返し書くということをする方もいらっしゃいますよね。

すると、いつの間にか自然に頭の中に覚えたいことが入り込んでいませんか?

いつの間にか同じように手が動くことがありませんか?

字を書くことで覚え、そして捨ててしまわないかぎりデータのようにいつの間にか消えた…ということがありません。

ずっと記憶として残りますし、実際に書いたものは残ります。

書くということは自分で文章や字を考えながら書きますが、スマホやパソコンのような予測変換機能もなく、漢字変換機能もありません。

…ということは、自分の脳で考えなくてはならないということです。

脳の活性化はもちろん、習慣づくと字を書くことで物事を忘れにくくなったり、後で読み返してそのときの仕事や自分を振り返るきっかけにもなりますね。

これらはスマホやパソコンでは得られないことでしょう。

ノートを書くことはメリットだらけ

ノート メモ

先ほどとつながりますが、ノート(字)を書くことについてのメリットに注目してみましょう。

ノートを書く3ステップ
  • 字を書く=書く内容を考える
  • 書く漢字や文字を頭で変換して考える
  • 腕を動かして書く

この3ステップが必要になります。

字を書くなんて幼稚園児でもできる…とは言いつつも、3つのステップを踏まなくてはならないということがわかります。

さらにこの3つのステップの中にも…

・脳をフル回転させて文章を考える
・文字の変換をする
・ペンを持ってノートを滑らせ、運動する

…という動作が必要になります。

急いでメモするときにもスマホと違って走り書きをしたり、丁寧にノートをとったりすることもできますし、字だけでは足りないときに簡単な絵も一緒に書いておくことができますよね。

このように、スマホやパソコンと違ってノートをとるということは「直感的になれる」ということ。

重要なこともそうでないことでも、自分の思うがままに書くことができるのがアナログであるノートの最大のメリットでしょう。

ノートを書く最大のメリット
  • 脳に刺激が与えられる
  • 指先を動かすことで集中力が高まる
  • 書いたことは忘れにくくなる
  • 字を読み返すことでそのときの気分が思い出せる
  • 気持ちの整理がつく
  • デジタルにはない暖かみがある
  • デジタルだと消えてしまうおそれがある
  • ノートは管理が簡単
  • ノートをとる姿勢が評価される

このようにさまざまなメリットが得られます。

特に「忘れにくい」という部分は大きく、仕事のメモや日常生活の中で忘れたくない事柄を書いておくことで、仕事の効率も上がっていくでしょう。

ノートの選び方について

新社会人 男性

ノートの選び方ですが、まずは「何を目的にするか」を考えてみましょう。

どうしてノートを書くのかということ?…です。

手帳なら予定を忘れないため、スケジュールを把握するため。

ノートならライフログ(日記)にしたい、メモやアイデアを忘れないように書き留めておきたいといった目的がありますよね。

その目的に応じて、次はノートのスタイルを選んでいきましょう。

ノートの中身に目が行きがちですが、気分よく・長く使っていくためには外側であるデザインや大きさ・形についても吟味する必要があります。

最近ではとってもおしゃれな手帳・ノートカバーや、シール・マスキングテープなどのグッズが登場していますから、ある程度のカスタマイズは簡単にできるでしょう。

仕事で使うから持ち歩きたい=コンパクトなものが良い、厚みの薄いものが良いなど、使う状況を具体的に考えてみると選びやすくなりますよ(^^)/

続いて中身についてですが、おすすめのノートとしては「方眼タイプ」のノートです。

「ノート=横線入り」のものがスタンダードですが、仕事のメモはもちろん文字だけでなく直感的にカンタンな絵や図を入れることも考えて、方眼をオススメします。

付箋やメモ用紙を張り付けたいというときにも、方眼タイプのノートならきれいにぴったりと貼ることができますよね。

きれいなノートは後で読み返したときにストレスがなく、情報がわかりやすいというメリットがあります。

たとえそのときは殴り書きのメモでも、方眼タイプのノートなら殴り書きした部分を枠で囲むなど、ノートをきれいに整理する方法がいくらでもあります。

ノート メモ 女性

また、複数のノートを使ってあれこれ管理…というのは難しいもの。

いろんなノートを使ってみたいものですが、まずは1冊にしておくこともストレスなくノートを書くポイントですよ。

同じように、たっぷり書きたいから♪といきなり大きすぎるノートではなく、持ち運びに便利なポケットサイズのものがおすすめです。

やっぱり足りない…!となれば大きなものにランクアップしてOKですが、逆の場合にはノートをとることが定着するまでなかなか書くことがなかったり…。

なので、まずはちょっと小さいかも?というノートを使うことをおすすめします。

おすすめノート&アイテム

それでは、おすすめノート&アイテムをいくつかご紹介しますね(*^^)v

コクヨ 大人キャンパスシリーズ

ノートといえば、やっぱりキャンパス!
誰でも一度は使ったことがあるキャンパスノートに、大人にぴったりなダークカラーが登場。

方眼・ドット入り罫線・無地の3種類あるので、まずは5㎜罫の方眼タイプがおすすめ。
アイデアを書き留めたりラフスケッチをよくする方は無地を、文章をメインで書く方はドット入り罫線タイプがおすすめです。
どれもスタンダードなA5・セミB5・A4サイズに加え、ページをきれいに切り取ることができるカットオフタイプもA5・B5・A4、そしてメモ帳サイズの展開になっています。

楽天市場で見てみる

コクヨ 測量野帳

その名の通り、もともと測量士の方が現場で使うために発売されたノート。
ポケットに入るコンパクトな大きさ、シンプルな方眼罫、厚みのある表紙など、タフな使い心地で50年というロングセラーになっています。
ノートを開く場面の多い新社会人の方にとって、ずっときれいにノートを使い続けるのにぴったりです。

カラフルなブライトカラーのタイプは、名刺などを挟めるポケット付きの裏表紙、水にぬれても破れにくいのが特徴です。

楽天市場で見てみる

マルマン 書きやすいルーズリーフ

スケッチブックでおなじみのマルマン。
こちらのルーズリーフはさまざまなサイズ・罫線のものがありますが、特にミニサイズのものはメモ帳や付箋感覚で利用することができます。
付箋では粘着力が落ちて剥がれ落ちてしまう…メモ帳では貼るのが面倒…ですが、一緒にルーズリーフのファイルに綴じられるのでとっても便利♪
仕事の内容をまとめたいときなどに他のルーズリーフと併用すると、次々に情報を追加・保存していくことが簡単です。

方眼罫や罫線、無地やまさに付箋のようなカラフルなタイプのものもありますよ!

楽天市場で見てみる

トラベラーズノート

シンプル、とにかく「書く」ために作られたというトラベラーズノート。
書きやすい中紙、使い込むほどになじんでいく革の表紙、リフィルやケースなどオリジナルにカスタマイズできるアイテムが充実しているので、どんな方でも「オリジナル」のノートが作れます!
スターターキットとしてパスポートサイズのものと、A5サイズをちょっとスリムにしたレギュラーサイズのものがあります。
名刺や切り抜きをポケットにしまったり、ふせんやメモを貼ったり、メモをしたり…使い方は自由自在です!

楽天市場で見てみる

コクヨ ソフトリングノート

ノートの中心にあるリングが…手に当たって痛い!書きづらい!
そんな経験は、誰もがあるのではないでしょうか…。
こちらのコクヨ ソフトリングノートはリングがぷにぷにのやわらかい素材でできているため、手に当たって痛いということがありません。
また感触だけでなく、リングを気にしなくて済むためノートの中心までしっかりと書ききることができるのもメリットです。

リングノートなのでパタンとノートを開くことができ、書いた内容を読み返すのにも便利。
ドット入り罫線・5㎜の方眼罫・無地の3種類で、カバーはシンプルでカラバリ豊富なうえに、サイズも2種類の展開となっています。

楽天市場で見てみる

フリクションプレミアム フリクションボール ビズ

ビジネスにもぴったりの、シンプルかつスタイリッシュな見た目が人気のフリクションシリーズ。
もちろん従来のフリクション通り、こすると消えます♪
2色、3色、4色、0.4㎜の極細ペン先、携帯性に優れた細いステンレスボディのものなどラインナップが豊富です。

楽天市場で見てみる

ペントネ

プライベートだけでなく、ビジネスでもノートや手帳に付箋を使っているという方は多いのですが、ビジネスの場面では持ち運びがちょっと…(´・ω・`)
そんなときにオススメなのが、こちらのペントネです!
ペン型のケースには、3種類の付箋が入っていてとってもコンパクト、なので持ち運びもラクラクです。
ふせんの柄もバリエーション豊富なので、気分や用途によって使い分けることもできますよ。

楽天市場で見てみる

ノートを書いてみよう!

ノート メモ

ノートが決まったら、さっそく書いてみましょう!(^^)/

とは言っても、形式にあまりとらわれすぎずにあれこれと書いてみるのが◎

最初からこのスタイルで!とすべて決めて書くのは難しいですから、まずは書いてみましょう♪

仕事をメインに考えて、書き出したいことの例を挙げてみます。

書き出したいことの例
  • TO DOリスト
  • アイデア
  • 会議などの議事録
  • 会社内のこと
  • 取引先のこと
  • スケジュール

この中でも特に「TO DOリスト」は社会人としてノートに書いておくべきマスト項目。

これはその名前のとおり「するべきこと」のリストで、プライベートではもちろんですが特にビジネスではよく使われる言葉ではないでしょうか?

ですが、TO DOリストひとつでも箇条書きで書くか、わかりやすいよういつ・誰に・どこでという「5W1H」で書くか…など人によって違うと思います。

箇条書きで書く
・○○様 TEL
・13時 ○○社
・チラシ作成
・10時 MTG

…というふうに簡潔に箇条書きで書いていくスタイルはわかりやすく、一目でやらなくてはならない事が把握できます。

5W1Hのように細かく書く
・15日までに提出の○○社のDM作成 ○○部長に確認
・○○社HPのキャッチフレーズ案 13時までに○○さんに進捗確認

…というふうにやることをできるだけ詳しく、細分化してメモしておくことでやるべきことがすぐにわかり、忘れにくくなります。

また、完了したTO DOリストも…

・線を引いて終わった目印をつける
・スタンプを押す
・チェックボックス式にする

…などいろいろな方法がありますよ。

終わった作業にはきちんと終了した目印をつけておくことで、ミスを防ぐことができますのでお忘れなく!

フリクションスタンプ(済)

また、その日1日に行う予定のスケジュールや直近1週間のおおまかなスケジュールを書いておくなど、いちいち別の手帳を開かないで済む工夫もしておくと◎。

上司に取引先のことについて聞かれたときに、すぐに答えられるようにあらかじめノートに情報をメモしておくなど、使い方はあなた次第です♪(^^)/

会議のときにメモすることも多いと思いますが、会議の内容については黒ペンで書いて、自分で気づいたことやアイデア・会議中に発生したTO DOなどは別の色のペンで書くなど、自分でわかりやすいルールを作るのもおすすめですよ。

付箋(ふせん)使いのポイント

新社会人 女性

先ほども少し触れましたが、付箋を使っている人ってとっても多いですよね。

プライベートはもちろん、ビジネスにおいても付箋を使って効率よく仕事をこなしていくことができます。

付箋の使い方は人それぞれですが、いくつかの方法をご紹介していきます!

1枚の付箋=1つのやること

TO DOリストを作るのにぴったりなのが、付箋なんです。

1枚の付箋に1つのやることを書き、ノートに貼っておきます。

やったら剥がして捨てる!…ということができるのは、意外と快感です(笑)

重要なことはそのままノートに貼っておいたり「済」マークの目印をつけておくなど、さまざまな使い方ができます。

情報の移動も思いのまま、ノートへの清書もすぐにできます。

アイデアをメモ

アイデアがひらめいた!よし、急いでメモだー!

…後から読み返したときに解読はできても、ぐちゃぐちゃっと書いた字がいつまでも残っているのってなんだかイヤ…。

他の人が見るワケではないけれど、きれいに書き直すことができたらいいなぁ…と思ったことはありませんか?

そんなときには、付箋を使いましょう!

アイデアが浮かんだらまずは付箋に書き、ノートや手帳にぺたり

どんなに殴り書きをしていても、付箋だから剥がして清書することができたり、ボツになればそのまま捨てることもできます。

種類分けをしよう

色鉛筆 まとめ 多様

近頃の付箋は無地のものでも、とってもカラフル

タスクは緑色、今日中にやるべきことはオレンジ色、プライベートはピンク色など、付箋の色分けをすることでノートに複数の付箋を貼ってもすぐにわかります。

わかりやすいように色のルールを自分で決めて、ぜひやってみてくださいね♪

最後に…

時計

そして、最後に付箋使いのポイントをひとつ…。

どの付箋の使い方でも共通して言えるのが「日付を書く」ということです。

TO DOリストはもちろん、アイデアなども一緒に日付をメモしておきましょう。

特にアイデアは生ものです、ノートを読み返したときに古いアイデアか鮮度のあるアイデアかがわかりますので、日付を書く習慣をつけるようにしてくださいね。

まとめ

桜 春

いかがでしたか?(^^)/

今回ここまでご紹介してきた、新社会人の方向けでノートについてのポイントをまとめました♪

ノートを選ぶポイント
  • 目的に合ったノートを選ぼう
  • ノート初心者は方眼罫がオススメ
  • 大きすぎるものは最初は控えよう
  • ビジネスの場でもOKなものを選ぼう
  • ペン選びもお忘れなく
ノートを書くポイント
  • スタイルを決め過ぎず、最初はなんでも書こう!
  • 付箋を使ってやり直しのきくノートに
  • 済んだことは必ず「済」などチェックをしよう
  • どんなことも後で読み返してわかるよう日付を入れよう
  • ミスなく、先回りのできるノートを作ろう

「ノート術」と検索するだけで、驚くほどたくさんの人によるノート術を見ることができます。

これだけインターネットやスマホなどのデジタル商品が普及している中で、アナログであるノートや手帳の注目度が上がっていること…。

冒頭でご紹介したように、文字を書くことで脳の活性化が期待できる…などの単なるメリットだけではなく、その人の書く文字がもつ暖かみや読み返したときの思い出など、デジタルでは味わえないモノに惹かれるのではないでしょうか。

学ぶこと・吸収することがたくさんの新社会人のみなさん、今回ご紹介したことで少しでも仕事を効率良く、楽しく進めていくことができたら幸いです…♪(^▽^)ノ

ちなみに…当メディアでも、人気のノート術や手帳術をいくつかご紹介していますよ♪

↓自分を変える!自己啓発ノートのつくり方↓

↓趣味のひとつに♪アイデアノート、シンデレラノートのつくり方↓

↓手帳でプライベートも仕事も一括管理!手帳術について↓

ちなみに社会人と言えば…オフィスマナーですよね。

そこで社会人の方向けの必ず知っておきたい「オフィスマナー」についても解説していますよ(*^^)v

 - お役立ち豆知識, じぶん磨き

  関連記事

女性 主婦 色鉛筆
【簡単に再利用】捨てる前にまだ活用できる!生活の知恵を伝授「保冷剤・チラシ・ショップ袋など」

こんにちは☆ Kanaです!! もうすっかり定着した「エコ(ECO)」という言葉 …

アイキャッチ お金 コイン 値上げ
【2017年値上げ】必ず知っておきたい対策と裏技とは?「USJ・厚生年金保険料・はがきなど」

こんにちは、マキです!(^^)/ みなさん…悲しいお知らせです…(´;ω;`) …

仮想通貨
【人気アルトコイン21選】絶対に知っておきたいおすすめ銘柄は?特徴、時価総額、発行枚数など詳しく解説!|仮想通貨ガイド

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

アイキャッチ 自由 フリー 青空 空
在宅ワークでも安心!保険・確定申告で嬉しいサービスが充実の「フリーランス協会」のベネフィットプラン

こんにちは、マキです!(^^)/ いま「フリーランス」として活躍する方が増えてい …

アイキャッチ キーボード
【PC時短術】簡単・便利なショートカットキー16選!作業の効率化でサクッと仕事を終わらせよう!

こんにちは、マキです!(^^)/ 毎日の仕事でデスクワークをしているという方はと …

  • スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です