楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

【5月病対策】必ず知っておきたい6つの治し方とは?チェックすべき症状や原因とは?「五月病完全ガイド」

      2017/06/08

こいのぼり ゴールデンウィーク GW

こんにちは、マキです!(^^)/

待ちに待った大型連休のゴールデンウィークも終わり、日常が戻ってきましたね。

みなさん、ゴールデンウィークはどんなことをして過ごしていましたか?(^ω^)

このゴールデンウィーク明けってどうしても休み気分が抜けなかったり、たくさん遊んだりいろいろなことをしたことで疲れが溜まっていたりと、なかなかやる気が出ないもの…。

それが、この季節ならではの「五月病」というヤツ。

これからまたいつも通り学校や仕事がスタートしますが、今回はそんなだるい・疲れた体を立て直すため、五月病に負けない方法を見ていきたいと思います!

ゴールデンウィークなどの連休明けに疲れを持ち越したくないという方はもちろんですが、日ごろからイライラしやすい、疲れやすいという方にもぴったりのケア方法をご紹介していきますね♪(^^)/

スポンサードリンク

五月病について

女性

五月病ってなに?どんな症状なの?

みなさんは「五月病」ってご存知でしょうか?

なんとなーく意味はわかるけど…という方は多いと思いますが、これはゴールデンウィーク明けごろからあらわれる精神的な症状をまとめたものをいいます。

「新社会人になった!」
「新入生になった!」

…など、新年度・4月はライフスタイルが大きく変化したという方がたくさんいらっしゃいます。

桜 さくら 町並み ビル

特に、五月病はこんな方に多いと言われています。

五月病はこんな方に多い
  • 新しく一人暮らしをスタートして環境がガラリと変わった方
  • 仕事や勉強に対してとても意欲があって「やるぞ!」と張り切っている方

これは、4月から新しい環境で生活をスタートしたにもかかわらず、

・なかなかその環境になじめない
・やる気があるのにうまくいかない

…ということが積み重なることで、5月のゴールデンウィーク明けごろからうつ病に似た症状が現れるためです。

環境の変化にうまく適応できず、うつ病のような精神的な症状があらわれてしまう…その時期がだいたいゴールデンウィーク明けの5月ごろなので、五月病と言うんですね。

具体的な症状としては…

5月病の具体的な症状
・抑うつ(よくうつ)
・無気力
・不眠
・食欲不振
・強い不安感
・ふさぎこむ
・やる気が出ない

…といったものが主だと言われています。

※抑うつって?
気分が落ち込んでいる状態のこと、たとえば「憂鬱(ゆううつ)」や「気落ちしている」という状態のことです。
医学的に言えば「適応障害」や「うつ病」という名前になりますが、五月病は環境に慣れるまでの一時的なものだと言われています。
それでも症状が長引いたり、さらなるストレスを抱えてしまったときなどには軽度のうつ病になってしまう可能性もありますので、できるだけ早めに対策をすることや、自分の体と心をしっかりといたわってあげることが大切なんですよ。

こんな人が五月病になりやすい!?

クレジットカード 審査

まず、自分が五月病にかかりやすいのかどうかをチェックしてみましょう!

5月病チェック項目
  • 真面目
  • 我慢強い
  • 責任感が強い
  • 感情をあまり表に出さない
  • 性格がおとなしく表向きでない
  • 几帳面
  • 完璧主義

…おわかりかと思いますが、とにかく自分の中に不満や不安をため込みやすいという方が五月病になりやすいと考えられます。

また、与えられた仕事などに対してきっちりとこなす・完璧にやるという責任感の持ち主の場合、万が一失敗したときには落ち込みがひどかったり、失敗していなくても「もし失敗したらどうしよう」というプレッシャーを抱えやすいと考えられます。

自分を追い込んでしまうとどうしても強いストレスがかかってしまいますから、五月病はもちろんうつ病など精神的な症状があらわれやすくなります。

先ほどご紹介した五月病の具体的な症状があらわれ始めると、今度はその症状に悩まされて悪循環となってしまいます。

「あれ、ちょっと体がおかしいな…?」と感じたら、できるだけ早く対策を立てるようにしましょう。

社会人に多い「職業性ストレス」

ペット 犬 困る 疲れ ストレス

労働・仕事に対して生まれるストレスのことを「職業性(労働関連)ストレス」といいます。

これはWHO(世界保健機関)が定義しているものなのですが…

【仕事をしていく上で受ける要求や圧力によって、自分の知識や能力と合わない仕事に立ち向かう人が持つ反応】

…だと定義されています。

仕事の成果が低くなってしまうなどの問題を引き起こす原因
  • 仕事の量が多い
  • 仕事量のわりに報酬が少ない
  • 残業時間や労働時間が多い
  • 心理的な負荷が多い
  • セクハラやパワハラなど環境が悪い

こういった原因があって仕事に対してストレスを感じ続けた場合に、うつ病はもちろん仕事を休みがちになったり、仕事の成果が低くなってしまうなどの問題が引き起こされます。

社会人の方なら、誰もが一度はこういった職業性ストレスを感じる場面はあると思いますが、特に新しい環境の中で慣れない仕事をしていく時というのは、このストレスを強く感じやすいと言われています。

そのため、

・学生のころはよかった
・以前の職場は楽しかった
・仕事を辞めたいと思う

…など、落ち込んだり無気力になってしまう=五月病もしくは精神的な病にかかってしまう可能性があるということなんです。

進級や新入学で環境が変わる学生の方ももちろんなのですが、特に社会的な責任が発生する新社会人や転職した方の場合、プレッシャーを強く感じやすくなるので五月病にかかりやすくなるんですね。

また、先ほどどんな人が五月病になりやすいかをご紹介しましたが、やはり責任感が強く「~しなければならない」と考える方はより強く自分自身にプレッシャーをかけてしまいます。

自分で自分を追い込んでしまっているということも少なくありませんので、まずは自分の心を解放するように気付かなくてなりません。

では、次は具体的にどのように五月病対策をしていけば良いのかを見てみましょう!(^^)/

五月病を乗り切る6つの方法!

女性 笑顔

1.自律神経のはたらきを整えよう

五月病に大きく関係しているのが、「ストレス」です。

これは…

・環境に慣れようとする「内的なストレス
・睡眠時間が変わったり気候の変化についていこうとする「外的なストレス

…の2種類のストレスが関係しています。

私たち人間は、こういったストレスを受けると自律神経のひとつである「交感神経(こうかんしんけい)」が刺激されて、体にさまざまな影響があらわれます。

もうひとつ有名なのが「副交感神経」で、交感神経とは逆にリラックスしているときや眠っているときに活発になる神経系になります。

交感神経・副交感神経のふたつをまとめて「自律神経」と言いますが、この2つの自律神経が交互に働くことによって呼吸や消化・体温の調節など、私たちが自分でコントロールできないような機能を制御してくれています。

なので、ストレスを受けて交感神経が活発になっている間は、副交感神経がお休みしているという状態になっているということですね。

交感神経について
「闘争と逃走の神経」と言われているように、運動をしているときや緊張しているとき、興奮しているとき、またストレスを感じているときなどに活発になる神経系です。
交感神経が活発になるとドキドキしたり汗が出る、筋肉がこわばって緊張するなどの状態になります。
副交感神経について
神経に刺激を伝えていくための物質・アセチルコリンを放出して、唾液をつくったり脈拍を遅くして体がリラックスできる状態を作ってくれます。
食事をしたあとにも副交感神経のはたらきが活発になるので、胃腸のはたらきが活発になったり胃液が分泌されてしっかり消化してくれる状態にしてくれます。

規則正しい生活をしていると、交感神経(日中)と副交感神経(夜間)というふうに約12時間で交代しながら活発になる時間が入れ替わると言われています。

…が、強いストレスを受けたり過労などで体を休める時間が減ってしまうと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことに…。

自律神経は呼吸や消化といった体の機能を制御する働きをもっているので、自律神経の働きが乱れてしまうと体にさまざまな不調があらわれてしまうことになります。

仕事や新しい環境でたくさんのストレスを受けてしまった体は、自律神経の働きが乱れています。

「なんとなく体調が悪いかも…」

でも、風邪など思い当たることもなく原因がわからないという場合は、自律神経がうまく働いていないのかな?と思ってみてください。

空 まとめ

自律神経の調子を整えるためには、まずリラックス

リラックスする方法
  • マッサージを受ける
  • ほどよい温度のお風呂にゆっくり浸かる
  • 深呼吸をする
  • しっかりとごはんを食べる

マッサージを受けて眠たくなる、お風呂でリラックスする、寝転がってゆっくりと深呼吸をするなど、まずは体の状態を落ち着くようにしてみてください。

体がリラックスして緊張が解けると、だんだんぼーっとしてきて眠くなるはず。

これは緊張して交感神経が活発だったのが、だんだんと副交感神経が優位になってくるから

猫 お風呂

特にお風呂に浸かることは、体全体を温めて血流を良くすることができるほか、体に適度な水圧がかかるので睡眠前に軽く疲労感を持たせることができます。

眠りに入りやすくなりますし、緊張していた筋肉もほぐれていいことづくし!

シャワーだけという方も、ぜひ入浴するように心がけてみてくださいね

ひとつ注意してほしいのが、お風呂の温度はぬるめにしておくことです。

熱いお湯に浸かる方が好き!という方も多いと思いますが(私もです…)、これは逆に交感神経が活発になってしまうのでストップ!

ぬるめのお湯に浸かって、体を軽くマッサージして疲労回復するようにしてみてくださいね。

2.生活リズムを整えよう

桜 春

新生活が始まってから生活リズム、崩れていませんか?(´・ω・`)

自律神経の調子を整えるのはもちろん、さまざまな体の不調にかかわってくるのが「生活リズムの乱れ」です。

・忙しくてごはんを食べる時間がバラバラ
・寝る時間が短くなった
・ストレス食いや飲み会で暴飲暴食

…などなど…さまざまな場面で思い当たる部分があるハズ。

生活リズムを整えることは、サプリメントを飲んで体の調子を整えるよりもずっと大切なことです!

食事について

食事 野菜

ひとり暮らしをスタートした方、給食やお母さんのお弁当から外食やコンビニ食になった方など、食事について見なおす点があるという方はたくさんいますよね。

栄養が偏ると疲れやすくなったり、ちょっとしたことでも風邪をひいてしまったり…と体のトラブルがあらわれます。

心をすこやかに保つためには、まず体が資本です!

魚や野菜を積極的に摂るように心がけるのはもちろんですが、肉なら疲労回復効果の高い豚肉(ビタミンB1)がオススメです。

ローソンで買える、野菜たっぷりのお手頃なスムージーのレビューはこちらから!

睡眠について

女性 睡眠

睡眠の役割って、ただ単に脳を休めるというだけではありません。

体も心も休めるのはもちろん、生活で傷ついた体を細胞レベルで修復していくほか、その日覚えたことを忘れないようにするなど大切な役割があります。

また、じゅうぶんに眠らないと…

・顔色が悪くなる
・むくみやすくなる
・胃腸の調子が悪くなる
・肥満を招きやすい
・仕事のミスやケガが増えやすくなる
・気分が不安定になりやすくなる

…などなど、良いことはひとつもありません!(断言)

眠れば気分もリフレッシュすることができるほか、その日覚えた仕事や勉強の内容の記憶を復習することができたり、ケアレスミスを防ぐことにもつながります。

忙しくてなかなか眠る時間がない…という方も、短時間でも深くぐっすりと眠れるように環境を整えてみてくださいね。

眠りの質をアップさせる、幸せ快眠方法についてまとめています!(^^)/

運動について

運動 女性

学校に通っているときなどは少なからず体を動かす機会があったかと思います。

それが一転、就職して一日中デスクワーク…だとどうしても体を動かす機会が少なくなってしまい、代謝が悪くなってしまいがち

肩や首が凝り固まってしまうと、そのあたりに集中しているリンパや神経系の働きも悪くなってしまうのでさまざまな不調があらわれてしまいます。

マッサージに行ってもなかなかほぐれなくなってしまう前に、適度な運動をするように心がけましょう!

運動をする時間がないという方は…

・通勤・通学で少しでも歩くように心がける
・仕事の合間に手を止めて肩や首のマッサージをするように心がける

…などしてみてくださいね。

ジムに通うなど激しい運動をする必要はありませんので、音楽を聴きながらウォーキングしたり、自宅でテレビを見ながらヨガをしてみる…などカンタンなものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?(^^)/

3.リフレッシュしよう

花 まとめ

ストレス解消…と言われたときに思いつくのは、まずリフレッシュすることです!

「心機一転」という言葉がありますが、落ち込んだときや悩んでいるときなどは自分が楽しいと思えることをするのが一番ですよね。

気を紛らわせることで「もうちょっと頑張ってやってみるかぁ!」という気分になることって、ありますよね。

自分の趣味に没頭するのはもちろん、思い切り溜まっているものを発散すべくカラオケに行ってみる、以前の環境の友人に会って話をするなどの方法もオススメです。

特にしたいことがないんだけど…という方は、たっぷり寝るのはもちろん、普段あまりしないことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あまり環境を変えると逆にストレスになる可能性も考えられますが、たとえば家の近くをウォーキングしてみる、隣町に行ってふらふら散歩してみるなど、ちょっとしたことです。

また、家の中でもちょっとしたボディケアやストレス解消法を試してみてはいかがでしょうか?(^^)v

ボディケアやストレス解消法
  • 濡らしてかたく絞ったタオルを電子レンジで温めてホットタオルをつくり、目を覆ったり肩に乗せてケア。
  • ごろんと寝転がって深呼吸をする。
  • 洗面器にお湯をいれて、足湯をしながらのんびり読書。
  • 手軽なマッサージ器を使って自宅でボディケア。

ちなみにマッサージには持ち運びにも便利なコチラがオススメ♪

ドクターエア 3Dマッサージロール

自宅にマッサージチェアを…というと数十万円かかってしまいますから、こういった持ち運びができてどこでも使えるタイプは重宝しますね♪

体をケアしてあげることで、心もリフレッシュできるはずですよ!(^ω^)

4.環境を変えてみよう

集合住宅 マンション アパート 空

今の環境にどうしても慣れることができない…。

そう感じたとき、どうしても嫌になって逃げだしたくもなれば、自分に鞭打って頑張らなくては!と思うこともありますよね。

でも、あまりにも無理だと感じたときには体も心もボロボロになってしまう前に、環境を変えることを考えても良いのではないでしょうか?

あまり落ち込んでいる状態(抑うつ状態)でいると、

・今度は何をしても楽しくない
・趣味に見向きもしない

…など、うつの状態になってしまうことも。

そうなってしまう前に、環境を変えることを考えてみては。

ただ、嫌になったからすぐ辞める!では同じことの繰り返しになってしまいます。

まずはどうして憂鬱な気分になるのか、落ち込んでしまうのかその原因を突き止めましょう

「あの人がイヤ」「残業が多かった」「希望と違うところに配属された」という理由よりも、「自分は●●がしたい」「目標はコレだったんだ!」と明確な理由がわかってからでも遅くありません。

五月病=会社を辞めれば治る…という安易な考えで学校や会社を辞めるのではなく、まずはどうしてこんな状態になっているのかという原因を突き止めることが大切です。

5.考え方を変えてみよう

まとめ ハート 花

先ほど自律神経の部分でもご紹介しましたが、ストレスを受けると自律神経の働きが乱れてしまい、体への不調としてあらわれます。

ストレスの感じ方は人それぞれ

ストレスを受けたとき、さらに「どうしよう」などの不安からストレスを膨らませてしまう人もいれば、頑張りすぎるあまりストレスを感じないように…と無視してしまう方もいますよね。

まずはストレスの受け方、つまり考え方を変えてみてはいかがでしょうか?

「~しなくてはならない」
「自分はこんなはずではないんだ」
「完璧にこなしてやる」

こういった考え方をすると、もしできなかったときにストレスが増幅してしまいますよね。

もちろん、学校で重要なテストがあったり仕事で大きなプロジェクトがあったりすると思いますが、何事もまず自分を追い込まないようにしてくださいね。

具体的な考え方のシフト方法はコチラ。

ポイント
◆失敗は許されない…
→失敗は成功のもと!新しい仕事や勉強を始めたんだから、最初のうちに失敗しておいた方が良い!

◆完璧にしなきゃ…
→仕事のプレゼンでも学校のレポートでも、要点が伝わればそれでOK!力を入れすぎる必要はナシ。

◆自分のせいだ…
→100%すべてが自分のせいということはありません!他に要因があったと目を向けてみて。

◆今のうちにやっておかなきゃ…
→今無理しすぎて体調を崩したら、仕事ができなくなって困る!無理せず休もう。

こんなふうに、ストレスを強く受け止めてしまう方は考え方を変えるよう意識してみてはいかがでしょうか。

6.ムリはせず、病院にも頼ってみよう

考え方を変えてストレスの受け止め方をシフトする、体の調子を整えるなどいろいろな方法をご紹介してきました。

…が、それでもやっぱり抑うつ状態(憂鬱や落ち込み)が続くようであれば、病院に行ってみる・電話窓口で相談してみるなどの対処も必要です。

一般的に抑うつ状態というと、趣味に打ち込んでいる間は気がまぎれたり楽しむことができるものですが、長く抑うつ状態が続くことでうつ状態が引き起こされ、趣味も楽しむ元気がなくなったり無気力になっていきます。

そうなってしまうと、自分から何らかの行動を起こすことが難しくなっていってしまいます。

こんな症状は一度医師に相談するのもあり?
  • 抑うつ状態が2週間以上続く
  • ごはんが食べられない、買い物に行くのもおっくうなど日常生活に支障が出る
  • 楽しいと思えることがない
  • 良いことがあっても気分が晴れない
  • 趣味も手につかない

こうした症状がもし起こっているなら、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか

うつ病と抑うつ状態の違いは、抑うつ状態がどれくらい続いているかというのがポイントになります。

五月病で多少落ち込んでいる状態が続いても、しばらくすると自然に軽快していくのが抑うつ状態で、これは誰もが経験することです。

しかし、うつ病になってしまうとどんどんこの症状が強くなっていってしまうので、その前に対策を打つことが必要になります。

病院に行く=精神病ってなんだかなぁ…と思うかもしれませんが、心療内科は多くの方が抱いているイメージよりも意外とフランクなもので、幅広い年代の方が通っているところです。

まずは「相談してみよう」という感覚で行ってみると、悩みを一気に吐き出すことができて意外とスッキリするかも。

それでも症状が続くようなら、ちょっとだけ体調を整えるためのサポートの薬をもらってみるのも良いでしょう。

他にも、相談できるところはたくさんあります。

参考サイト
厚生労働省 こころもメンテしよう~若者を支えるメンタルヘルスサイト~

厚生労働省 こころの耳
※電話:0120-565-455
※「こころの耳メール相談」は24時間受付

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 働く人の悩みホットライン
※電話:03-5772-2183(無料・ひとり1回30分まで)

なかなか人に言えない、頼ったり相談できる人がいないという方は、こういったところで悩みを口に出すことで気持ちがスッキリすることも。

顔が見えず知らない人、電話だからこそ言えることがあるかと思いますので、ぜひ利用してみてくださいね。

まとめ

色鉛筆 まとめ 多様

いかがでしたか?(^^)/

ゴールデンウィーク明けはこれまで頑張ってきた疲れが一気に噴出しやすい時期

自分の体をいたわってあげるのはもちろん、心の声をしっかりと受け止めて、乗り切っていけるようにしてみてくださいね。

とにかく言えるのは「頑張りすぎない」ということです!

きちんと仕事はしても、あまりにも完璧にしなくても大丈夫、多少手を抜いても大丈夫、という心持ちでいることが大切ですよ。

力が入りすぎて空回りしてしまうこともありますからね(^^)/

体の調子が整うと、疲れてしまった心も少しずつ回復していくはず。

今回ご紹介した方法が少しでもあなたの体と心を元気にできれば幸いです…(^▽^)ノ

ところで…若いころはいくらでも体を動かすことができるスタミナがあって、何を食べても胃もたれなんてしなくて、オールナイトで遊んだって余裕だった!っ…って方も多いと思います。

大人になった今では、何かあるとすぐに胃が痛くなったり頭痛がしたり、肩がこって首筋が張って、なんとなーく毎日だるくて、生理痛もひどくて便秘がちで…。

そんな何かしらの「不調」を抱えているという方は多いハズ。

毎日仕事や学校、家事や育児などの生活をしていく中で、こういった不調があることでパワーが半減してしまうこともあるでしょう。

多くの方が抱える不調の原因を突き止め、少しでも症状を軽くしていくための方法をご紹介していきたいと思います!

できるだけ簡単にできて、いろいろな症状に対処できるスッキリ方法について見ていきます。

 - イベント・季節行事, 健康・生活, 雑記

  関連記事

アイキャッチ マイク 女性 カラオケ
一人カラオケ歴10年以上の主婦がおすすめする4店を紹介!ストレス発散に最適な「ヒトカラ」を楽しんじゃおう!

こんにちは、マキです!(^^)/ みなさんは普段ストレスをどのように発散している …

アイキャッチ 熨斗 お歳暮
【お歳暮ガイド】必ず知っておきたい意味・時期・お礼状やマナーは?おすすめギフトもご紹介!

こんにちは、マキです!(^^)/ いよいよ今年もあと1ヶ月ほどになりました! こ …

アイキャッチ トップバリュ イオン
【トップバリュおすすめ商品44選】主婦が実際に買っている人気商品は?|食料品

こんにちは☆ Kanaです!! 最近、「PB商品(プライベート商品)」の質がぐっ …

アイキャッチ ママ 子供 女性
【イライラ解消】子育て中のストレスをなくす5つの方法とは?ママが笑顔でいられるために出来ること

こんにちは、マキです!(^^)/ 子育て真っ最中のお母さん、毎日お疲れさまです… …

アイキャッチ 財布 お金 手
簡単な方法で買いすぎを防ぐ!衝動買いで後悔する前に知っておきたいこと【魔法の言葉:後編】

こんにちは!! Kanaです☆ 先日紹介した財布の紐を締める記事、読んでいただけ …

  • スポンサードリンク

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です