楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

頭痛、肩こり、だるさ、生理痛、便秘…をスッキリ解消方法5選!原因は何?誰でもカンタン!

   

女性 ポイント

こんにちは、マキです!(^^)/

…若いころはいくらでも体を動かすことができるスタミナがあって、何を食べても胃もたれなんてしなくて、オールナイトで遊んだって余裕だったのに…。

大人になった今では、何かあるとすぐに胃が痛くなったり頭痛がしたり、肩がこって首筋が張って、なんとなーく毎日だるくて、生理痛もひどくて便秘がちで…。

そんな何かしらの「不調」を抱えているという方は多いハズ。

毎日仕事や学校、家事や育児などの生活をしていく中で、こういった不調があることでパワーが半減してしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、多くの方が抱える不調の原因を突き止め、少しでも症状を軽くしていくための方法をご紹介していきたいと思います!

できるだけ簡単にできて、いろいろな症状に対処できるスッキリ方法について見ていきます。

より効率よく、毎日をはつらつと過ごすことができるような方法をご紹介していきますね!(^ω^)ノ

スポンサードリンク

どうして不調は起こるの?体の調子を整えよう!

健康

不調の大きな原因は「疲れの蓄積」だった

私たち人間はどうしてあちこち、体の不調が起こってしまうのでしょうか…?

もちろんいつでもはつらつとして元気!という方も多くいらっしゃいます。

でも、いつも100%の状態ではないというちょっとした不調を抱えているという方もとても多いもの

熱が出た、咳が止まらないなどの本格的な不調はもちろん病院へ行くとして、そうではなく「なんとなくだるい…」「疲れがなかなか取れない」という不調は、自分自身で少しずつ改善していくことができます。

その多くの原因は「疲れの蓄積」です。

日本人はまじめで勤勉で、肉体的な疲れはもちろん精神的な疲れをためやすいと言われています。

・仕事のストレス
・人間関係のストレス
・育児のストレス
・家族のストレス
・恋愛のストレス

…どんな方でも何かしらのストレスを抱えているでしょう。

ストレスを感じると肉体的にも影響が出てしまいますし、うつ病などで心が疲れてしまうとよりいっそう体にも強く影響が出てしまいます。

そうならないように、まずは疲れを溜めにくい体質にシフトしたいもの

疲れがどのように体に影響しているのか、疲れをとる方法や抱えている症状別に対処法を見ていきましょう!(^^)/

疲れが溜まってしまう原因って?

女性

寝ているはずなのに、なぜか疲れがなかなか取れない…。

毎日のようにそう感じている方は多いはず。

では、どうして疲れがなかなか取れないのかを見てみましょう。

疲れが取りづらくなる理由の例
  • 睡眠は6時間くらい寝れば大丈夫!
  • 平日忙しいので、週末に寝だめしています…
  • 疲れをとるために甘いものをちょくちょく食べています
  • ダイエットのためにお肉は控えています…
  • お風呂に長~く浸かって疲れをとっています
  • 体を休めるため、よくゴロゴロしながらスマホをいじっています

…これらのことって疲れをとったり健康のことを考えているようで、実はそうでもなかったんです(´・ω・`)

睡眠時間について

女性 睡眠

まず、睡眠時間が5~6時間という方は意外と多いのですが、これくらい寝ればじゅうぶん!と考えていませんか?

推奨されている睡眠時間は7時間から9時間ほど

時間のある週末や休みの日に寝だめをしている…という方も多いのですが、普段の睡眠時間と明らかな差があるときには体の睡眠サイクルが混乱してしまいます

少しでも休みの日にたっぷり寝たい…という方は、平日と休日の睡眠時間の差を1時間程度、長くても2時間以内にするように心がけてくださいね。

普段の睡眠時間を少しでも多くして7時間から9時間程度にしておくことは、日中仕事をしている間に効率よく動くことができたり、体の調子を整えることに大いに役立ちます。

平均的な睡眠時間が7時間という方は、もっとも死亡リスクが低いということもわかっています。

食事よりも睡眠を欠かしてしまうと、私たち人間はより早く体の調子が悪くなってしまうこともわかっています。

それだけ疲れをとるために欠かせないのが睡眠です、忙しい時期という方ももっと遊んでいたいという方、時間がもったいないという方も、まずは睡眠をとるように心がけましょう!

食事について

食事 野菜

疲れたときには甘いもの!

誰もが知っていることだと思いますが、甘いものの摂りすぎは太ってしまう原因になるだけでなく、疲れの原因にもなってしまうんです。

というのも、甘いものを摂ると血糖値が上がりますが、人間は血糖が上がるとインスリンというホルモンの働きで血糖値を正常値にしようとします。

ですが、甘いものを摂り続けて血糖値が高い状態が続くと糖尿病などの病気を引き起こしてしまうおそれがありますし、インスリンが血糖値を下げることで疲れを感じやすくなってしまいます

血糖値が通常よりも下がったいわゆる「低血糖」の状態は、疲れやすくなる・だるさ・動悸や気分が悪くなるなどの症状が起こります。

「甘いものを食べる」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「インスリンが分泌される」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「必要以上に血糖値が下がる」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「疲れやすくなる」

このループになってしまうため、疲れたとき=甘いものという図式をリセットした方が良いとされています。

もちろん、チョコを2~3かけ食べたり飴をなめたりする程度なら問題ありませんが、スイーツをドカ食いするなどは控えておきましょう…。

入浴について

温泉

お風呂に長く浸かってのんびりするという長風呂派の方。

あまりに入浴時間が長いと、今度は体が疲れてしまうことにつながります

長風呂をしたいという方は合間合間に水分補給をしっかりとして、体への負担を最小限にとどめられるようにしてくださいね(^^)/

睡眠について

のんびりゴロゴロしていると、体が休まる…。

確かにそうなのですが、そこでスマホやタブレットを一日中いじっていませんか?

スマートフォンやタブレット、パソコンなどの機械からは、目には見えませんが「ブルーライト」という高エネルギー可視光線が放たれています。

女性 寝る 睡眠 寝落ち

これは目の網膜に影響がある波長の光で、目に刺激が与えられても通常は機能が回復するのですが、ブルーライトを多く吸収してしまうと場合はその回復機能が追い付かなくなることがわかっています。

たとえ網膜に損傷がなくてもブルーライトによる目には刺激が強く影響するので、目が疲れやすくなるのはもちろん、ブルーライトはとても強い光なので体内時計が狂ってしまう原因にもなっています。

朝起きて朝日を浴びるのが良いと言われているのは、朝起きて強い光を浴びることで、夜暗くなってから眠りにつきやすくなるよう体内時計を調整するため。

でも、夕方や夜に長時間ブルーライトを浴びていると刺激になって目が冴えたり、目の細胞に強い刺激が与えられてしまうことになり、寝付けなくなります。

長時間スマホやタブレットをいじっているなと感じたら、少しでも目をつむったりスマホを手放す時間を作るようにしてみてくださいね。

おすすめの睡眠時間や幸せ快眠方法のススメについてはコチラ!

肩こりの解消法について

肩こり

まずは、多くの方が抱えている「肩こり」の悩みについて見てみましょう。

特にデスクワークの方に多いと言われている肩こりですが、スマホを使っている方が多い現代人に多いと言われているんです。

というのも、デスクワークをしている方は座ってパソコンを触っているとき、肩をすくめている状態になっていることが多いんです。

さらにスマホを見ているときはスマホを顔よりも下で持っていることが多いと思いますので、あごを突き出しているような体勢に…。

当然、首の後ろ側は伸びきっているので凝り固まってしまうため、肩こりにつながってしまいます。

女性 パソコン 疲れ

まずは、筋肉がその状態で固まってしまうのを防ぐために、デスクワークをしているときには定期的に肩周辺の筋肉をほぐすように心がけてください。

肩を回したりマッサージをするのが良いということはよく知られていると思いますが、さらに深呼吸をするように腕をよく開いてみてください。

肩甲骨を意識すると、筋肉がしっかりと動くのがわかりますよ。

深呼吸をすることはリラックス効果も得られますから、仕事の合間にするのがオススメです!

マッサージ

また、こういった肩回しなどではなかなか慢性的な肩こりが解消されない…という方も多いと思います。

そんなときは、人の力を借りてマッサージを受けてみてはいかがでしょうか。

オススメはオールハンドのマッサージで、リンパを流したり凝り固まった筋肉をほぐすようなマッサージをしてもらいましょう。

実は私自身もデスクワークのため、仕事を詰めに詰めたあとあまりにも肩が痛い…と感じるようになり、慌ててマッサージへ駆け込みました。

「なんでこんなになるまでほっといたのー!」と若干お叱りを受け(笑)

最初の1~2か月は2週間ごとのペースで肩の筋肉をほぐしてもらいました。

ここでビックリしたのが「肩甲骨はがし」です。

先ほど、肩回りの筋肉をほぐしたり動かすときには、肩甲骨を意識して…と言いましたよね。

これは実際にマッサージなどに行って肩甲骨はがしをしてもらうととても実感できるのですが、自分の肩の骨がどんどん移動していくのがわかるんです。

マッサージで肩甲骨はがしをしてもらうと、え?そんなところまで動くの!?というくらい、体の外側に肩甲骨が動いていくのがわかりました。

この後に肩を回すと、驚くほどぐるんぐるんと回るんです。

それだけ肩・肩甲骨周辺の筋肉が凝り固まっていて、肩甲骨が動かずがちがちになっていたんだな…ということがわかりました。

筋肉が凝り固まってしまうと、今度はリンパの流れも悪くなってしまいます。

血管は栄養や酸素を運び、リンパは体の老廃物を流してくれるはたらきがありますが、リンパは筋肉の収縮によって動きます。

なので、筋肉が固まってしまうと当然リンパの流れも悪くなり、老廃物がそこに溜まってしまいます。

まずは筋肉をほぐすように心がけ、

・マッサージをする
・ホットタオルを肩においてあたためる
・定期的に運動をする

…ということを実践してみてくださいね。

スマホの使い過ぎも姿勢が固まってしまうので、注意してみてください。

肩こり解消法のまとめ
  • デスクワーク時には定期的に肩を回そう
  • つらい慢性的な肩こりはマッサージを受けよう!
  • ホットタオルで肩の筋肉をほぐそう
  • スマホを使っているときは首があまり下に向かないように気を付けよう

便秘の解消法について

トイレ 便秘

便秘で悩んでいる方も多いですよね、特に女性の方が多いのではないでしょうか。

実は国民生活基礎調査によると、便秘になっている人の割合は男性が約3割、女性は約7割近くにのぼっていることがわかっています。

食事、ストレス、なんらかの疾患など、さまざまなことが原因として考えられています。

便秘には急性のもの・慢性のもの、さらにそこから分類されるさまざまな種類があって、その中でも特に多いのが「機能性便秘」だと言われています。

これは生活習慣が原因だったり、ストレスによる腸過敏性症候群などが原因とされています。

便秘の程度については、病院でもこういった「便秘スコア」というチェックリストが使われています。

0 1 2 3 4
排便回数 3回以上
(週)
2回
(週)
1回
(週)
1回未満
(週)
1回未満
(月)
排便が困難 なし まれに ときどき たいてい いつも
腹痛 なし まれに ときどき たいてい いつも
排便に
かかる時間
5分未満 5~10分 10~20分 20~30分 30分以上
排便の補助 なし 下剤 摘便か浣腸
トイレに行っても
便が出ない回数
(24時間)
0 1~3 3~6 6~9 10回以上
排便障害に
悩んでいる期間
(年単位)
0 1~5 5~10 10~20 20年以上

一過性の便秘であれば、あまり気にしなくても食生活に気を付ける、適度に水分を摂るなどの工夫ですぐによくなります。

が、慢性的な便秘の場合はそれだけではなく、さらに他のことにも気を付けていく必要があります。

食事は第一に気を付けることで、食物繊維を摂ること・炭水化物を摂ることです。

食物繊維はよく聞きますが、炭水化物についてはどうでしょうか?

まず、食物繊維は腸の中で便を膨らませるため、腸を刺激して外に出やすくすることはご存知ですよね。

ですが、膨らませるほどの便が作られていなかったらどうでしょうか…?

しっかり食べて、便のもとを作ったうえで食物繊維を摂る…これが鉄則です!

水分が適度に含まれているごはんは柔らかく炊いて食べると消化にも良く、より水分が摂れるほか便もつくられやすくなりますよ。

また、夜は控えめに食べると朝しっかりおなかがすいた状態になり、腸のはたらきもスムーズになって便が出やすくなります

適度な運動をすることも、内臓(腸)のはたらきを促すポイントですよ。

そのほかの便秘解消法も、以下にまとめてみました!(^^)/

便秘解消法のまとめ
  • 適度な運動をしよう
  • 便をつくるためにしっかりごはんを食べよう
  • ごはんはやわらかめだと水分も摂ることができてオススメ
  • 食物繊維を積極的に摂ろう
  • トイレに行くときは「考える人」の体勢で、肛門を開きやすくしよう(ちょっと前傾になり、かかとを上げて座ります)
  • 筋肉がゆるみ便意が起こりやすいので、家ではリラックスしよう
  • 夜ごはんは控えめに
  • 汗をかいていなくても水分を摂ろう
  • 便意を感じたら我慢せずトイレに行こう

生理痛の解消法について

女性

女性の憎き敵、生理痛…。

中には倒れてしまう人や、ベッドから動けなくなってしまう人も少なくありません。

それほどまでではなくても、生理痛を感じるという方は多いものです。

子宮の筋腫がある場合やなんらかの原因がある以外の生理痛は、特に問題はないとは言われています。

出産を経験している人は改善することが多いと言われているのですが、そもそも生理痛というのは子宮内膜がはがれて血液とともに流れていくときの痛みです。

子宮内膜が血液といっしょに出ていくとき、子宮頚部(けいぶ)が広がっている状態です。

生理前後は、子宮を収縮させて生理を起こすためのホルモンが分泌されていますし、普段はかたく閉じられている子宮頚部が開いています。

子宮頚部というのは子宮の下側にあたる細いところで、端の部分は子宮口といわれる部分です。

出産のときには赤ちゃんの通り道としてこの部分が約10センチ開いて(!)出てきますが、生理中も経血が出てくるために少しだけ開いているのですから、痛みを感じます。

また、子宮は筋肉なので子宮全体でぎゅ~っと収縮が起きているということは痛みを感じて当然ですよね…(T_T)

毎月やってくるこの痛みを軽減させるために、痛みをやわらげる方法をまとめてみました。

生理痛解消法のまとめ
  • おなかを温める
  • 低用量ピル(避妊用ピル)を服用する
  • 生理期間中は鎮痛剤を飲む
  • 足湯をしたり下半身は薄着をせず血流を改善させる
  • デスクワークをしている方は同じ体勢にならないよう、ときどき体を動かすように心がける

人によって症状の現れ方や程度はまったく違いますが、毎月やってくる不快感はなんとかしたいもの

仕事や学校についてはできるだけムリをせず、カイロなどを使っておなかを温めたり、少しでも快適に過ごすことができるように工夫してみましょう。

あまりにも腹痛が強い、出血量が多いというときにはなんらかの疾患が隠れている可能性もありますので、一度婦人科で調べてもらうようにしましょう。

頭痛の解消法について

女性 悩む

頭痛がひどい…という方、とっても多いですよね。

近年では「頭痛外来」という頭痛専門の治療場所もできているほどで、なんと行列ができるとのこと…。

特に片頭痛に悩まされているという方が多いのですが、頭痛の治療は種類が増え、いろいろな方法で頭痛をやわらげていくことができるようになっています。

ズキン…ズキン…と脈打つように痛んだり、頭痛といっしょに吐き気をもよおすタイプは片頭痛。

頭痛がするときは首や肩が凝っているという方や毎日のようにだらだらと痛みが続く場合には、緊張性頭痛だと思われます。

片頭痛の原因はなんらかの原因で血管が広がって、そのまわりにある神経が圧迫されてしまうため痛みを感じます。

一方の緊張性頭痛は、ストレスや疲れ、目や肩の疲れが原因とされています。

どちらの場合にも病院で適切な治療を受けると改善していくので、セルフケアでは痛みに対処できないという場合は我慢せず、病院へ。

近年では頭痛に対する治療が進んでいるので、頭痛で悩んでいる…という方はぜひ病院へ。

また、片頭痛と緊張性頭痛では対処の方法が少し違います。

病院へ行くのがもっともよいのですが、自分でもできるちょっとした痛みのやわらげ方法を見てみましょう。

片頭痛の痛み対処法
  • 血管が広がって神経が圧迫されて痛むため、血管を収縮させるよう痛むところを冷やす
  • 動くと痛みがますので横になる
  • 外からの刺激があると痛みが増すので、サングラスをするなどして光や音をシャットアウトする
  • 予防薬を処方してもらう
  • 病院へ行って治療薬をもらう
  • 「チラミン」を含む食べ物を控える
※チラミンとは
チーズやチョコレートなどさまざまな食べ物に含まれる成分。
血管を収縮させる働きがあり、血圧を上げるため片頭痛を引き起こす原因になりえると言われています。
緊張性頭痛の痛み対処法
  • ストレスなど思い当たる原因があるときには考えすぎないようにする
  • パソコンやスマホを遠ざける
  • 肩や首の筋肉をやわらげるようホットタオルやマッサージをする
  • 枕があっているかチェックする
  • 姿勢に気を付ける

だるいときの解消法について

ペット 犬 困る 疲れ ストレス

なんとなくだるい、体が重たい…。

どんなに長時間寝ていても、なんとなく体のだるさが毎日続くという方。

過労や睡眠不足、心配事があったなどなんらかの原因で体の調子が悪くなり、寝ても疲れが取れないなどの症状があらわれます。

体の不調をそのままにしておくと、うつ状態など心の調子も悪くなってしまうことがあります。

こいのぼり ゴールデンウィーク GW

まるで五月病のような症状で、

・自律神経の働きが乱れているなどの原因でだるい
・気持ちが沈む

…などさまざまな症状が起こります。

五月病って?原因や対策方法など五月病を完全ガイド!

だるさの対処法
  • しっかり食べてエネルギーをチャージする(糖分)
  • ストレスをなくす
  • 睡眠をできるだけとる
  • 朝、昼、晩御飯をしっかりたべること
  • 心を休める
  • リラックスする

また、だるさが続くという方はもしかするとなんらかの病気が潜んでいることも考えられます。

他の症状が併発しているという場合には、まず病院を受診して調べてもらうと安心できるでしょう。

まとめ

ポイント まとめ

いかがでしたか?(^^)/

これから暑くなっていく季節、体温調節がうまくいかなかったりさまざまな心的ストレスで体の不調があらわれやすくなります

病院に行くほどではないけれど「なんとなく体調が悪い…」というのは体からのシグナル。

初期段階でしっかりと自分をいたわれば、不調をひきずることも少なくなるでしょう。

頭痛、肩こり、だるさ、生理痛、便秘…どれも病院に行って診てもらう機会は少ないと思いますが、専門の外来ができていたり治療は進歩しています。

できるだけ早く対処ができるよう普段からセルフケアをしておくことはもちろん、おかしいなと感じたらすぐに病院で診てもらいましょう(^▽^)ノ

 - お役立ち豆知識, 医療・保険, 健康・生活

  関連記事

女性 主婦 色鉛筆
【簡単に再利用】捨てる前にまだ活用できる!生活の知恵を伝授「保冷剤・チラシ・ショップ袋など」

こんにちは☆ Kanaです!! もうすっかり定着した「エコ(ECO)」という言葉 …

アイキャッチ お金 コイン 値上げ
【2017年値上げ】必ず知っておきたい対策と裏技とは?「USJ・厚生年金保険料・はがきなど」

こんにちは、マキです!(^^)/ みなさん…悲しいお知らせです…(´;ω;`) …

仮想通貨
【人気アルトコイン21選】絶対に知っておきたいおすすめ銘柄は?特徴、時価総額、発行枚数など詳しく解説!|仮想通貨ガイド

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

アイキャッチ 予防接種 ワクチン 注射
冬に急増する3つの感染症対策!予防接種と健康管理はしっかりと「インフルエンザ、ノロウイルス、RSウイルス」

こんにちは、マキです!(^^)/ ぐっと寒くなってきましたが、冬はイベントごとが …

アイキャッチ 自由 フリー 青空 空
在宅ワークでも安心!保険・確定申告で嬉しいサービスが充実の「フリーランス協会」のベネフィットプラン

こんにちは、マキです!(^^)/ いま「フリーランス」として活躍する方が増えてい …

  • スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です