楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

【パソコンのブルーライトをカット&調整する方法4選】おすすめフィルム&設定&アプリをご紹介!|PCブルーライトカット術

   

パソコン おしゃれ

こんにちは、マキです!(^^)/

みなさんはパソコンって使っているでしょうか?

お仕事はもちろんですが、自宅でプライベート用としてパソコンを使っている方はとっても多いですよね。

スマホよりも大画面で、サクサク動画も見ることができて便利~!と思いますが…ここ数年で一気に知られるようになった「ブルーライト」の影響について見てみましょう。

ブルーライト…知っていますか??

なんとなーく目にあまり良くないんじゃない?ということは知られていますが、目だけではなく実は肌にも、生活リズムにも、そして精神的にもダメージを受けてしまう可能性があることがわかっています。

これだけスマホやタブレット、そしてパソコンが普及してきたこともあって、ブルーライトは広く知られるようになりました。

ブルーライト パソコン

…というのも、実はブルーライトってパソコンなど人工的な光だけではなくて、それ以前から太陽光など自然光にも含まれている光だったんです(・_・)

でも、今ではひとり1台スマホ!と言っても過言ではありませんから、それだけブルーライトに触れる機会が増えたということなんですね。

スマホ・パソコンはもっともブルーライトに触れるきっかけになったモノ。

今では仕事はもちろんプライベートでもなくてはならないツールなので、今更ブルーライトの影響が怖いから使わない!というわけにはいきません。

そこで今回は!

パソコンから発せられるブルーライトをなんとかカットして、少しでも目や体への負担をやわらげる方法をご紹介していきたいと思います。

パソコンのブルーライトをいったいどのように少なくしていくのか…いくつか方法があるので、普段よくパソコンを使っているという方はぜひチェックしてみてくださいね♪(^^)/

スポンサードリンク

パソコンのブルーライトをカットしよう!

ブルーライト 色

ブルーライトの影響って…?

冒頭でも触れましたが、ブルーライトっていったいどんな影響があるの?…と思いますよね。

まず多くの方がご存知のとおり、ブルーライトは目に対してダメージを与えてしまいます。

ただの光…ではなく、「ブルーライト=高エネルギー可視光線」という名前の光なので、強いエネルギーを持った光…ということなんです。

女性 目

私たち人間の目は、体の中でも特にデリケートなところ。

ニュースなどでもたびたび取り上げられていますが、目の細胞は間違ったコンタクトの使い方やマツエクなどで簡単にダメージを受けてしまい、病気にかかってしまいます。

それくらいデリケートなところが強いエネルギーを浴び続けたら…どうなるでしょうか?

私たちの視力に大きくかかわっている網膜(もうまく)は、なんらかのダメージを受けたときには回復機能があるのでほんの少しであれば自然にダメージを修復してくれます。

が、いつもスマホやパソコンを見ていたら…ダメージを受け続けることになってしまいます。

そうなると、目の回復機能がじょじょに追い付かなくなっていってしまいます(´・ω・`)

これが青色光網膜障害という症状です。

コチラの記事でより詳しい内容をご紹介していますので、どうぞ!

さらに、私たちの女性の憎き敵・紫外線。

紫外線は文字通り紫色の光なのですが、青い光であるブルーライトは紫外線に近い存在だと言われています。

つまり、ブルーライトは紫外線同様に肌へのダメージも与えてしまう…ということがわかっているんです!Σ(゜Д゜)

目はもちろん、肌も…そして、寝る前にスマホをぽちぽちいじっているという方は、これから眠ろうと思っていても強い光を浴びてしまうことで睡眠のリズムが狂ってしまうことに。

なかなか寝付けないなぁと思いながらスマホをいじっていては、本末転倒だということだったんですね。

…このように、ブルーライトは私たち人間にさまざまな影響を及ぼすということがわかっています。

特に、1日の中でブルーライトを浴びる時間が長い人ほど、よりダメージを受けているということになります。

なので、パソコンやスマホを使っているという方はなんらかの形でブルーライトをカットしていくことが勧められます。

専用のメガネやコンタクトレンズを使おう

ブルーライトカット メガネ パソコン

まず、ブルーライトをカットすると聞いて思い浮かぶのは「メガネ」ではないでしょうか?

CMなどでもよく見かけますが、ブルーライトカット機能がついているメガネがとても増えていますよね

視力が良いから普段メガネをかけないんだけど…という方も、仕事用として度なしのブルーライトカット機能付メガネを購入して使うことが増えました。

ブルーライトをどれくらいカットしてくれるの?というのはメーカーやブランドによっても差があります。

50%程度カットできればじゅうぶんその効果を実感できるでしょう。

また、コンタクトもブルーライトカット機能がついているものが登場していますので、コンタクト派の人も大丈夫です♪

メガネなら付け外しカンタンですし、仕事をするときなど必要なときだけかけられるので便利ですね(^^)/

ブルーライトカット機能付きメガネはとてもリーズナブルなものが増えていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

フィルムを画面に貼ろう

パソコンの画面から発せられるブルーライト…このブルーライトを少しでも減らしたいという場合、有効なのが「フィルム」を使うことです。

スマホの画面保護シールのように、画面にぺたりと貼るだけでOK!という手軽さが人気のブルーライトカットフィルム。

使っているパソコンのサイズに合わせて、ぴったりなものを選んで貼ってみてください。

ブルーライト独特のチラチラした感じやまぶしさがやわらぎ、目の緊張がすーっとほぐれていくのがわかると思います。

15.6型ワイド対応ブルーライトカット液晶保護フィルム(サンワサプライ)
液晶保護フィルム ブルーライトカット 13.3インチワイド対応 反射防止 グレー色タイプ(ナカバヤシ)

いろいろなタイプがありますが、やっぱりブルーライトのカット率はそれぞれ違っていますのでよくチェックしてみてくださいね。

ブルーライトカット液晶保護プロテクター ブルテクター20~22インチ対応タイプ(aiuto)

このように、ノートパソコンだけでなくモニターにもフィルムやプロテクターを付けてみてはいかがでしょうか。

また、フィルムを貼らなくてもパソコンのモニター自体がブルーライトをカットしてくれるタイプもあります。

LGモニターディスプレイ ブルーライト低減機能付き

フィルム+メガネのように、ブルーライトカット機能アイテムを組み合わせて使うとより効果的です。

商品によっては、ブルーライトをカットするために茶色っぽい・黄色っぽい色味になるものも。

パソコンの色味についてはさほど気にしない…という方は、ぜひ試してみてくださいね。

あなたのパソコンもブルーライトをカットできる!?

いまあなたがカチカチしているパソコン…。

実は、先ほどご紹介したようなフィルムやメガネなどを使わなくても、ちょっと設定を調整してあげればパソコン自身がブルーライトをカットすることができるというんです!(゜_゜)

これは私自身も行って、なんでもっと早くやらなかったんだ…!と思ったほど、即効性があってなおかつしっかりと目周辺のゆるみを感じました。

さて、その方法についてはコチラ。

Windowsの場合

Windows

「スタート」から「コントロールパネル」を開きましょう。

「デスクトップのカスタマイズ」を押して「ディスプレイ」を選びましょう。

「色の調整」を押すと、画面の色調整の開始などの言葉が出てきますので、読み進めましょう。

すると、画面に何段階かのカラーバーが登場します。

そして、いちばん下には3つスライドできる部分があると思います。

ここの「青色」をぐっと下げてみましょう。

そうすると一気に画面が暗くなり、茶色っぽくなります。

ブルーライトの影響を強く受けていた方なら、その画面を見たときに目のまわりの緊張がやわらぐのがわかると思います。

ですが、青色のバーを下げすぎてしまうと画面が見づらくなってしまうので、少し上げてから赤色・緑色のバーと少しずつバランスをとってみましょう。

青色がいちばん低くなるようにしつつ、他の色も調整すれば自然に見えます。

ちなみに、私はがっつり下げたので目がとってもラクになりました

私は文字を書く仕事なので画面にはこだわりがないのですが、仕事で色をチェックしなくてはならないとか、デザイン関係の方ならこの方法はあまりオススメできません…(^_^;)

ただ、この画面にしておくとすぐに慣れます。

私はブルーライトの影響を知ってから設定をしましたが、目がどんどん慣れていくので日に日に画面が暗くなっていっているような気がします…(笑)

Macの場合

mac apple パソコン

Macの場合はまずリンゴマークを押しましょう。

次に「システム環境設定」を開いてから「ディスプレイ」を選択。

次は「カラー」「補正」ボタンを押します。

すると「ディスプレイキャリブレータ・アシスタント」という画面が開きます。

「続ける」を押してから「使用するホワイトポイントを選んでください」と出るので、「D50」と選びましょう。

…これだけ!

ブルーライトがカットされた状態になっちゃうというワケなんです♪

MacもWindowsもどちらも特に難しい操作は不要ですし、いつも使っているパソコンがカンタンにブルーライトカットされた状態で使えちゃうんですよ♪(^^)v

ブルーライトカットできるパソコン用アプリがある!?

スマホでブルーライトカットができるとっても便利なアプリがあるのをご存知でしょうか?(^^)/

そしてもうひとつ…パソコンでも、ブルーライトをカットしてくれる専用のアプリがあるんですよ!

しかも、嬉しいのが「無料」だということ♪

f.lux
海外版のアプリなので敬遠されるかもしれませんが、口コミ評価が高く私自身も利用しているブルーライトカットアプリです。
夕方~夜の間にパソコンを使用すると、画面を調整してブルーライトがたくさんカットされるような仕組みを作ってくれます。
もちろん、無料♪(^^)/

アプリはコチラから

超ブルーライト削減 Ver.2
ダウンロード版2,980円という有料版ですが、こちらはフィルムも何もつけなくてもブルーライトを69.4%もカットしてくれるという優れモノ。
さらにブルーライトカット機能付きのメガネをかけた日には…。
おやすみアラート機能や、パソコンの利用状況がグラフで表示されたり、最大5台のパソコンに対してそれぞれ設定可能です。
また、Androidアプリ版の「超ブルーライト削減」も同梱されているので、お持ちのスマホ(Android)も併せて利用することができますよ!

こちらは7日分の無料体験ができますので、試してみてはいかがでしょうか?

アプリはコチラから

如意スクリーン
画面がまぶしいときなどに便利なフリーソフト。
パソコン自体の画面設定をする感覚で利用することができ、画面の色を調節することができます。

アプリはコチラから

こういった便利なアプリがあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

また、アプリとブルーライトカット機能付きのメガネを併用する、パソコンの画面設定と併用するなど、よりブルーライトを徹底的にカットしていく方法もありますので、いろいろ試してご自分が使いやすい状態にしてみてくださいね♪(^^)/

まとめ

まとめ ポイント ブルーライト

いかがでしたか?(^^)/

パソコンはスマホよりも画面が大きいため、それだけ目を使って画面を見ることになります。

ブルーライトもたくさん発せられますし、自分の目をいたわるためにもぜひ今回ご紹介した対策を行ってみてくださいね。

今回ご紹介した対策まとめ
  • パソコンをするときにはブルーライトカット機能付きのメガネを使う
  • パソコン専用のブルーライトカットフィルムを使う
  • パソコンのモニターをブルーライトカット機能付きにする
  • Mac、Windowsそれぞれ画面設定をしてブルーライトが削減された状態にする
  • ブルーライトを削減できるアプリをダウンロードして使う

パソコンのブルーライト削減については、こういった方法をご紹介してきました♪(^^)/

ほかにもブルーライトが私たちに与える具体的な影響や、ブルーライトの仕組みなど詳しくご紹介していますのでチェックしてみてくださいね!

ブルーライトカット機能付きのおすすめメガネ・コンタクトレンズやアイテムなどをまたご紹介していきますので、そちらも併せてお楽しみに…♪

長時間パソコンやスマホを使うという方は、しっかりとブルーライト対策をして目をいたわりましょうね(^▽^)ノ

 - アプリ, お役立ち豆知識, 健康・生活

  関連記事

女性 主婦 色鉛筆
【簡単に再利用】捨てる前にまだ活用できる!生活の知恵を伝授「保冷剤・チラシ・ショップ袋など」

こんにちは☆ Kanaです!! もうすっかり定着した「エコ(ECO)」という言葉 …

アイキャッチ お金 コイン 値上げ
【2017年値上げ】必ず知っておきたい対策と裏技とは?「USJ・厚生年金保険料・はがきなど」

こんにちは、マキです!(^^)/ みなさん…悲しいお知らせです…(´;ω;`) …

仮想通貨
【人気アルトコイン21選】絶対に知っておきたいおすすめ銘柄は?特徴、時価総額、発行枚数など詳しく解説!|仮想通貨ガイド

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

アイキャッチ 予防接種 ワクチン 注射
冬に急増する3つの感染症対策!予防接種と健康管理はしっかりと「インフルエンザ、ノロウイルス、RSウイルス」

こんにちは、マキです!(^^)/ ぐっと寒くなってきましたが、冬はイベントごとが …

アイキャッチ 自由 フリー 青空 空
在宅ワークでも安心!保険・確定申告で嬉しいサービスが充実の「フリーランス協会」のベネフィットプラン

こんにちは、マキです!(^^)/ いま「フリーランス」として活躍する方が増えてい …

  • スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です