楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

【仮想通貨】リスク(LISK)とは?ビットコインとの違いは?特徴や今後の将来性ってどう?

      2018/02/09

仮想通貨 LISK リスク

こんにちは、マキです!(^^)/

▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます▼

みなさんは「仮想通貨」ってどのようなイメージを持っているでしょうか…?

とても難しそう、株や為替のような話だ、自分には関係ない…そう思っていませんか?

でも、実は仮想通貨は私たちの身近なところにあるんです。

仮想通貨にはさまざまな種類がありますが、その中でも特に知名度が高く世界的に利用されている「ビットコイン」という種類の仮想通貨があります。

このビットコイン、最近では日本でもビックカメラやDMM.comなどで新たな決済サービスとして利用できるようになってきたんですよ。

こういった経済の動きに敏感な方は、すでにビットコインを購入して運用している場合も多くなっています。

さて、日本ではまだまだ広く知られているとは言えない現状の仮想通貨。

仮想通貨=ビットコインというイメージを持っている人も少なくありませんが、今回はビットコイン以外の「アルトコイン」に注目してみたいと思います。

アルトコイン…ビットコイン…と混乱してしまいそうですが(笑)

アルトコインの中でも人気が高まっている「リスク(lisk)」をご紹介していきます。

ビットコインとアルトコインの違いや、リスクの内容などできるだけわかりやすく仕組みなどをご紹介していこうと思います!(^^)/

スポンサードリンク

リスク(lisk)ってどんな仮想通貨?

仮想通貨 LISK リスク

ビットコインとアルトコインの違い

まず言っておきたいのは、ビットコインとアルトコインは同じ仮想通貨(暗号通貨)という、現実にはないけれど確かに価値として存在する通貨のことをいいます。

ビットコインについて、詳しい内容はコチラから。

ゲームアプリなどで使える「ジェム」や「ギル」といった通貨も、仮想通貨のひとつと言えばわかりやすいのではないでしょうか?

今では世界中で利用されているビットコインですが、2009年に登場してからしばらくの間はずっと「価値がない」という驚きの状態だったんです。

それが、だんだんとその価値を周囲の人に見いだされたことで利用者(保有者)が増えていき、現在のような価値に

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価値は、どれだけ必要とされているか…理由はこのひとつだけ!

つまり、価値が高い仮想通貨ほど多くの人に必要とされている、需要が高い種類だということがわかります。

仮想通貨の先駆けとして登場したビットコインですが、それまでにはなかった「ブロックチェーン」という革新的な技術を利用して、誰にも不正ができない・国でも制御できないという驚きの仕組みを持っています。

ビットコインを語るうえで知っておきたい、ブロックチェーン技術について詳しくはコチラ!

この素晴らしい技術に加えて、さらにビットコインよりも良い機能をもった仮想通貨をつくろう!

…そうしてビットコインのあとに登場し始めたのが、アルトコインたちです。

ビットコインの特徴をもち、さらに進化した仮想通貨…それがアルトコインということ。

今回ご紹介する「リスク(lisk)」のほか、当メディアでもご紹介している「リップル」などもアルトコインですよ。

リップルについて詳しい内容はコチラからどうぞ!

イーサリアムってどんなアルトコインなの?

人気のアルトコイン10選を詳しくご紹介しています!

なので、ビットコインは第1世代、アルトコインたちは第2世代の仮想通貨というわけですね。

リスク(lisk)の特徴って?

では、今回ご紹介するアルトコインの「リスク(lisk)」について見てみましょう。

実は「リスク」というのは、ビットコインなどのように通貨自体の名前ではありません(´・ω・`)

Liskは分散型アプリケーションプラットフォームのことで、そのプラットフォームの中で利用できる通貨の名前を「LISK(LSK)」といいます。

仮想通貨 LISK リスク

先ほど「イーサリアム」というアルトコインについて少しだけ触れましたが、リスクはイーサリアムと同じ「スマートコントラクト」という特徴をもっています。

※スマートコントラクトって?
「スマートな契約」という意味の言葉。
イーサリアムはビットコインのようにただ単にコインを送金して取引をするのではなく、それにプラスして「契約」ができるという特徴をもっています。
たとえば、イーサリアム(イーサ)を送金したときに、受信者から「●月に利息を●円つけて返してもらう」という契約をつけて記録することができます。
記録された契約はその時になると実際に実行されます。

じゃあ、リスクってイーサリアムと一緒なの?と思いますが、そこは違う点ももちろんあります!

イーサリアムは「ブロックチェーン」というビットコインと同じ技術を使って、それまでの取引記録を積み重ねていっています。

一方のリスクは「サイドチェーン」を利用しています。

イーサリアムやビットコインのように、メインであるブロックチェーンを利用するのではなく、別のところにブロックチェーンを作って記録ができるという仕組みです。

なので、運用しているときに万が一リスクの中に問題が起こっても、ほかの逃げ道を作っていることから開発者が元の状態に戻すことも可能になっています。

何か問題が起こっても対処がしやすい…これが、イーサリアムよりもさらに進化した特徴をもつリスクです。

仮想通貨 LISK リスク

さらに、リスクは「JavaScript」という言語を使っています。

私たちにはあまりなじみがないかもしれませんが、パソコンを使っている方なら一度は耳にした(目にした)ことがあるかと思います。

世界中で利用されている言語なので、専用の言語が使われているイーサリアムに比べると、扱いやすいというメリットもあるんです。

そして最後に、ビットコインやイーサリアムは「マイニング(採掘)」が行われることで知られています。

仮想通貨 ビットコイン

マイニングについて、詳しく知りたい仮想通貨用語はコチラからチェック!

マイニングをすると、手間暇かかったお礼(報酬)として新たなビットコインが生み出され、マイニングをした方に送られます。

この仕組みを利用して稼いでいる人たちをマイナーといいますが、リスクの場合はちょっと違います。

リスクはマイニングとは言わず「フォージング(鋳造)」と呼ばれています。

ビットコインではこの承認システムはブロックチェーン、人気のアルトコイン・ネムの場合にはPoIという承認システムが利用されていますが、リスクの場合は「DPoS(Delegated Proof of Stake)」というシステムを利用しています。

LISKコインを持っている割合で、誰が承認をするかという権限が与えられるのが特徴です。

コインを持っている方の投票で承認者を決めるという仕組みになっているので、ビットコインやイーサリアムとはまったく違うシステムになっていることがわかります。

リスク(lisk)の将来性、今後はどうなる…?

仮想通貨 LISK リスク

数百種類にものぼる仮想通貨の中で、リスクはだいたい20~30位前後に位置しています。
(ビットコインやイーサリアムとは桁違いですが、これはすごいことですよね)

仮想通貨 LISK リスク
参考:CryptoCurrency Market Capitalizations

そして、気になる価格についてですが2017年6月頃に入ってから高騰しています。

6月末は300円前後となっていますが、5月にも高騰して落ち着き、今月に入って高騰して落ち着き…という動きを見せています。

ただ、現在はBTC8月1日問題の影響もあってかアルトコインの価値は大きく下落しています…。

この問題が解決、あるいは明るい見通しが出てくれれば再びアルトコイン全体の価値は上昇する可能性があります。

仮想通貨 LISK リスク

気になるリスクの将来性ですが、まず注目ポイントはイーサリアムとは違うということ。

仮想通貨の時価総額はビットコイン・イーサリアム…と続いていますが、イーサリアムの後発仮想通貨ということで、さまざまな違いを見せています。

この違いが今後どのように評価されるかが、将来性があるかどうかの分かれ目になります。

リスクのプラットフォームはトラブルに強いということを言いましたが、これは大きなメリットになり得ます。

つまり、このシステムをうまく利用したサービスが登場すれば当然ユーザーも増えて需要がアップし、価格も上がることが期待されます!(^^)v

イーサリアムと同じ、大注目のスマートコントラクトが利用され、さらに言語は誰もが利用しやすいJavaScript、サイドチェーンを利用している…など、リスクはどんどんその特徴とメリットを打ち出していっています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

現在、日本での仮想通貨取引所においてリスクを取り扱っているのは「coincheck(コインチェック)」です。

大手取引所で安心!coincheckってどうやって登録するの?利用方法はコチラ!

coincheckは昨年2016年からリスクの取り扱いを開始しているので、ぜひ利用してみてくださいね♪(^^)/

まとめ

仮想通貨 LISK リスク

いかがでしたか?(^^)/

なかなか難しい仮想通貨ですが、それぞれのアルトコインの特徴を知っていくと違いがよくわかっておもしろいなぁ…と思えるハズ。
(たぶん)

自分自身で手を出すのはどうだろう?と不安を覚える方もいらっしゃると思いますが、実際にビットコインなどの仮想通貨を利用している方は非常に多くなっています。

目には見えない資産ではありますが、確かに価値があることから大注目の仮想通貨

今回ご紹介したリスクについても、時価総額で見れば20位から30位前後になっていますが、今後どうなるかなんてわかりません!

ビットコインのように、世界的に利用されて安定した市場が確立されればどんどん規模も価値も大きくなっていき、「そういえばリスク、買っときゃよかったなぁ」なんていう日もくるかもしれません!

当メディアでは、今後もほかのさまざまなアルトコインについて詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックを♪(^▽^)ノ

画像参考:LISK公式Twitter

▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます▼

 - 資産運用, ビットコイン・仮想通貨, 仮想通貨・ビットコイン

  関連記事

仮想通貨
仮想通貨アルトコインおすすめ・人気銘柄31選【2018年最新版】購入できる取引所もご紹介!

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 ビットコイン
仮想通貨を今からはじめても遅くないと思う4つの理由【初心者・新規参入向け】

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

ビットフライヤー bitFlyer
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設~使い方まで徹底解説!入金方法や手数料も画像付きで解説!

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 ビットコイン
【仮想通貨】2017~2018年ニュース・激動の動き一挙まとめ!新規参入者の予習もコレでOK!

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 ネオ NEO
仮想通貨「NEO(ネオ)」の特徴や将来性を解説!購入できる取引所は?GASって何?

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

  • スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です