楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

【仮想通貨の必ず知っておきたい用語集】トランザクション、ローンチ、チャート、ハッシュ値、マイニングプールとは?|暗号通貨ガイド

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、マキです!(^^)/

▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます▼

「稼ぐ」という言葉につられて(笑)ちょこちょこチェックしている「仮想通貨」について…。

仮想通貨といえばビットコインという種類がもっとも知名度が高くなっていますが、世界中で利用されているさまざまな仮想通貨をあわせ、仮想通貨全体の注目度が高まってきています。

当メディアでも、仮想通貨という言葉を知らない…という初心者の方にもわかりやすい記事を掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

仮想通貨っていったいなに…?怪しくない仮想通貨のイロハについて

日本人は仮想通貨と聞くと、ちょっと怪しいんじゃない?と抵抗感のある方が多いようです。

が、仮想通貨がどのようなもので、世界中で利用されていて日本でも保有している人・利用している方が多いということを知り、仕組みをきちんと理解すれば大丈夫!

でも、まず仮想通貨について詳しく知るためには、説明に登場してくる言葉を理解する必要があります

アルトコイン、ブロックチェーン、ローンチ、マイニング、ウォレット…。

「?」な用語がたくさん登場しますが、ひとつひとつの意味をしっかりと理解して仮想通貨への興味を深めてみませんか!?(^^)/

これまでに仮想通貨にまつわる用語集をご紹介してきましたが、今回は第2弾です!

まだまだハテナなことがたくさんある仮想通貨、少しでもわかるようご紹介してきますね♪

スポンサードリンク

気になる仮想通貨用語、わかりますか!?

仮想通貨 ビットコイン

まずは仮想通貨について知ろう!

まず、仮想通貨について。

仮想通貨というのは、ゲームアプリやインターネットなどオンラインで使うことができる通貨のことをいいます。

「円(日本)」「ドル(アメリカなど)」「ウォン(韓国)」など各国で使われるお金のように決められた発行者や保証先がありませんが、お金のようにやりとりされることが特徴です。

仮想通貨は一種類ではなく、なんとその数は世界で1,000を超えているとも言われています。

その中でもトップに君臨し、世界中で、日本でも多くの方に利用されている仮想通貨となっているのが「ビットコイン(bitcoin)」という仮想通貨です。

仮想通貨のキング「ビットコイン」について特徴や仕組みはコチラから!

ビットコインは時価総額10兆円近くにもなっていて、世界中で多くの方が利用していることがわかります。

また、外国人観光客が増えていることから、日本での新しい決済方法として使えるお店が増えてきているため話題になっているんですよ。

そんな仮想通貨はたくさんの種類があると言いましたが、各仮想通貨によってそれぞれ特徴が違ってきます

コインを送金するときになんらかの条件や契約を付け足すことができるものや、ほかの仮想通貨に比べて送金スピードが驚くほど早いものなど、それぞれにメリットやデメリットがあります。

ひとつひとつの仮想通貨について知識を深めていくためには、そこに登場する「キーワード」を理解しておく必要があります!

それでは、仮想通貨について調べていくときに必ず目にする言葉たちをひとつひとつチェックしていきましょう!

ちなみに…

仮想通貨の必ず知っておきたい用語集・パート1はコチラから!

トランザクション

仮想通貨 ビットコイン

トランザクション(transaction)」は「処理」という意味をもちます。

仮想通貨について見ていると、ほぼ必ずトランザクションという言葉を目にするかと思います。

一見すると「処理ってことね~」と理解してしまいそうなのですが、ちょっと違います。

トランザクション (英: transaction) とは、データベース管理システム(または類似のシステム)内で実行される、分けることのできない一連の情報処理の単位である。

引用:ウィキペディアより

こう記載されています。

…単位ってどういうこと?と思いますよね。

たとえば、あなたがインターネットオークションを利用して商品を購入しようとしたとき。

自分の残高が1,500円で、1,400円のものに対して入札しようとしたとき、今なら入札することができますよね。

でももし、残高と入札する商品の値段を確認しているときにほかの人が入札をして価格を上げてしまうと、入札するための処理がうまくできなくなってしまいます。

困る…(´・ω・`)

そこで、残高の確認から商品の現在の価格の確認、そして入札処理まで…という一連の流れをひとまとめに!

このひとまとめにした単位をトランザクションといいます。

銀行で振り込みをするときにも、預金残高がAさんからBさんへ移動するという一連の流れがひとまとめになっているので、これもトランザクションと呼べます。

トランザクションの特徴としては、一連の流れすべてがうまくいかないと、処理自体ができなくなるということです。

先ほどはインターネットオークションの例を出しましたが、

・残高を確認する
・商品の価格を確認する
・入札処理をする

…という3つの工程を含むトランザクションとなっていました。

この中で、どこかひとつでも何らかのエラーがあったときには、その一連の処理3つともができなくなります。

仮想通貨のなかでは、仮想通貨の取引のことをトランザクションと呼ぶこともありますので知っておいてくださいね(^^)/

ローンチ

仮想通貨 ビットコイン

仮想通貨について見ていると…

「2016年10月28日にZcashがローンチされた」

「ブロックチェーンを応用した新たなプラットフォームをローンチした」

…といったことを見かけることがあります。

ローンチは「launch」と書き、その意味は立ち上げる・打ち上げる・公開するという意味があります。

新しくサービスを立ち上げるということや、ウェブサイトを公開することもローンチすると言えます。

なので、先ほどの文章を例にすると仮想通貨のZcashがローンチされたということは、Zcashのサービスがスタートした!ということになりますね。

チャート

世界 ネット チャート

こちらも、仮想通貨を知るためには欠かせない言葉。

仮想通貨は、ニュースでよく目にする為替や株のように一瞬一瞬で値が変わっていきます。

仮想通貨は難しいようでとても単純で、需要が高まれば一気に値段が上がりますし、逆にみんながいらないと感じて手放すと価格は下がってしまいます。

そんなこれまでの値動きを見ることができるのが「チャート」です。

情報を図やグラフなどにしてわかりやすく見ることができるようにしたものを、チャートと呼びます。

色の見本をカラーチャートと言ったり、CDの売り上げやリクエストの順位表をヒットチャートと呼びますが、それぞれ色の情報や売り上げの情報を目で見える形にしていますので、チャートとこちらもいいます。

仮想通貨のチャートは、ローンチされてから(運用や公開がスタートしてから)これまでの価格の変動をグラフにしたものです。

また、仮想通貨のチャートにはいくつか種類があります。

チャートの種類
  • 折れ線グラフ
  • 面グラフ
  • ローソク足グラフ

仮想通貨を値動きを見てみると折れ線グラフで表示されていることが多いと思いますが、こちらは割とわかりやすいと思います。

グラフの中でマウスのカーソルを合わせると価格が表示されますし、表示する期間も1日・1週間・1か月…というふうに自由に変えられますので、長期間から短期間までどのような動きを見せているのかがすぐチェックできます。

では、「ローソク足」ってなんでしょうか…?(´・ω・`)

あまり聞きなれないかもしれませんが、ローソク足チャートというのは仮想通貨だけでなく株価などでも使われるチャートです。

日本人が生み出したと言われているローソク足チャートですが、これは決められた期間の値動きを「安値・高値・終値・始値」の4つの情報をもとに表示しているチャートです。

ローソク足
画像引用:ローソク足の見方・使い方(1)~ローソク足とは|株の達人

4つの情報から「ローソク」と呼ばれる棒状の図をつくります。

この棒状のローソクはチャートを見ると2つの色がありますが(黒と白だったり緑と赤だったり、白抜きか塗りつぶしかでわかれます)、白抜きを「陽線」といい、塗りつぶしを「陰線」といいます。

始値よりも終値が高くなっている場合を陽線で表して、逆に始値より終値が安くなっている場合を陰線であらわします。

さらに、ローソク本体から出ている芯の部分に見える「ヒゲ」と呼ばれる部分があり、これはその日の安値と高値を表しています。

…たったこれだけの簡単な図で、仮想通貨のさまざまな情報がわかってしまう!ということなんですね(゜Д゜)

チャートを掲載している取引所によっては、ローソク足で表示しているチャートもあれば、折れ線グラフで表示しているチャートもあります。

コインチェック

多くの方が利用している日本の取引所「コインチェック(coincheck)」ではローソク足チャートが掲載されています。

coincheckのローソク足チャートは、5分から24時間までの5つの種類を見ることができます。

・5分
・15分
・1時間
・4時間
・24時間

…のチャートがあるので、短期決戦!という売買のタイミングを考えている方におすすめのチャートです。

3分でわかる♪coincheckの登録から使い方まで完全ガイド

ビットフライヤーなど他の取引所では、折れ線グラフのチャートになっていますよ。

それぞれ読み方を知ることで、仮想通貨で取引・売買をして稼ぐ…ということも可能です!(^^)v

ハッシュ値

仮想通貨 ビットコイン

こちらも、仮想通貨やデータをあつかう場面でよく使われる言葉です。

ざっくりと、わかりやすくご説明していきますね!

まず、データというのは改ざんされないようにする必要がありますし、データが間違っていないかどうかという正確性が必要になります

とあるデータを「ハッシュ関数」という関数に入れます。

すると、もとのデータとはまったく違う数値が返ってきます。

この返ってきた数値をハッシュ値と呼ぶのですが、いったいどういうことなのでしょうか…?(´・ω・`)

関数から返ってくるハッシュ値は一見「なんじゃこりゃ?」というバラバラの数値で返ってくるのですが、これもルールに沿った数値がつくられています。

・Aというデータをハッシュ関数に入れると、1というハッシュ値が返ってくる。
・Bというデータをハッシュ関数に入れると、7というハッシュ値が返ってくる。

ただ、Aなら1というハッシュ値が、Bなら7というハッシュ値が返ってくるのは絶対に変わりません。

A+というデータをハッシュ関数に入れると、1ではなくまったく違うハッシュ値が返ってきます。

同じデータなら同じハッシュ値が返ってくる…これがハッシュ値の特徴です!

仮想通貨 ビットコイン

そのかわり、ハッシュ値からもとのデータを突き止めようとすると…不可能ではありませんがも~のっすごく大変です(゜Д゜)

これが、データの改ざんを防いだり、データチェックをするときに活躍してくれるというハッシュ値です。

ハッシュという言葉は「切り刻んで混ぜる」という意味があるのですが、ハッシュドポテトやハッシュドビーフの「ハッシュ」と同じ意味です。

細かく切り刻まれた数値という意味をもつハッシュ値は元に戻せない、つまり暗号として使われるのです。

仮想通貨では、マイニング(採掘)のときに大きく関係しています。

マイニングについて、コチラの記事で詳しくご紹介しています!

マイニングは「採掘」という意味の言葉ですが、採掘とは言っても実際に重労働をして仮想通貨を掘り当てるワケではありません…(´・ω・`)

コンピューターによってハッシュ値を解読するためのものすごい計算が行われ、解読ができるとブロック(情報のかたまり)を記録することができる…すなわち、ブロックチェーンの報酬として仮想通貨をゲットできるということなんです。

仮想通貨のマイニングをするということは、このようにコンピューターの力を使ってとにかく計算をしまくって、ハッシュ値を解読するということなんですね。

ハッシュ値の計算は、私たちが電卓で計算をするのとはワケが違います…(´-ω-)

なので、いち個人ではなく会社などにあるような、とんでもなく性能の高いスーパーコンピュータが利用されています

それだけ電気代がかかってしまうため、マイニングをしても黒字にならないということもザラのよう…。

このハッシュ値の計算競争をしながらマイニングをし、マイニングが成功したときに発生する報酬を受け取りながら稼いでいく…これがマイニングとハッシュ値の関係です。

仮想通貨 ビットコイン

また、「ハッシュレート」という言葉もあります。

こちらは、マイニングをするときにハッシュの計算をするスピードの単位のことをいいます。

1秒間に1ハッシュの計算をする場合は「hash/s」と表記されるのですが、ほかにも「1Mhash/s(メガ)」や「1Thash/s(テラ)」など、規模によってその数値は違います。

時価総額

仮想通貨 ビットコイン

こちらも仮想通貨についてちょっと調べると、ほぼ必ずぶち当たる言葉です。

時価総額というのは株価でも使われている言葉なのですが「企業価値を評価する指標」とされています。

どういうことかというと、時価総額というのはこのようになっています。

時価総額の算出方法
◆株価の場合
企業の株価 × 発行済株式数

◆仮想通貨の場合
仮想通貨1単位の価格 × 仮想通貨の供給量

この数字が大きければ大きいほど、シェアされている・規模が大きいということになります。

2017年10月27日現在、ビットコインは1BTCあたり約66万円となっています(!)

日本円から考えると、とんでもない価値になっているということがわかりますよね…そして、時価総額はほぼ10兆に

世界中でシェアされているビットコインは、こんなに大きな規模になっているんです。

また、「IOTA」という仮想通貨は、登場していきなり仮想通貨の時価総額ランキングトップ10入りしたことで話題になりました。

IOTAの時価総額は一時1,500億円にまでのぼりました…!

時価総額を知ることは、仮想通貨界でその通貨がどれだけの規模を誇っているかを知る目安となることを覚えておいてくださいね。

また、時価総額ランキングは日々変動しています。

有名どころの仮想通貨も、いつの間にか順位を落としている…!ということはよくありますので、気になる通貨があるという方はぜひ動向を見守ってみておくとおもしろいですよ(^^)/

各銘柄の時価総額や価値を確認するには下記のサイトがおすすめですよ(*^^)v

coinmarketcap

こんな感じのランキング形式で時価総額が表示されますよ!

仮想通貨 時価総額

マイニングプール

仮想通貨 ビットコイン マイニング

こちらでもご紹介しています「マイニング」について…

改めてご紹介しますと、マイニングというのは「採掘」という意味をもっている言葉。

ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーンという技術を用いて運用されているんですが、これはブロック(情報のかたまり)を過去のブロックとどんどんつなげていき、正確な情報のみをデータとしてどんどん残していくというものです。

このブロックをつないでいく作業をするためには、計算能力の高いコンピューターを使ってとんでもない速度で計算をしていく必要があります。

そのためには、高い計算能力・パワーをもつコンピューターが必要になります。

もちろん、私たちが普段使っているパソコンでは能力不足となってしまいますのでご注意を…(´・ω・`)

パワーの強いコンピューターを使うということは、膨大な電力を消費することになります。

それだけ手間暇、そして費用もかけて行われたブロックをつなぐ作業…このおかげで、仮想通貨は今日も正しいデータがどんどん蓄積されていっているということなんです。

一般の方ではなかなかできないこの作業のことを「マイニング」と言い、マイニングをしてくれてありがとう=データの確認をしてくれてありがとうということから、マイニングをした人に報酬として新たな仮想通貨を送ります。

「マイニングをして稼ぐ」というのは、こういうことなんですね。

仮想通貨 ビットコイン

さて、性能の高いスーパーコンピューターを用いてがっつりマイニングをする企業や団体が増え、個人ではなかなかマイニングができなくなってきました。

…できないことはないのですが、やっぱり性能の良いコンピューターほど計算能力が高いので、どうしてもそちらがマイニングされやすくなります。

そこで登場したのが「マイニングプール」と呼ばれるものです。

個人では難しくなってしまったマイニング…じゃあ、みんなでやろう!というのがマイニングプールです(^^)/

マイニングの作業を参加者みんなで分担することで、マイニングがしやすくなるというメリットがあります。

…もちろん、マイニングによってもらえた仮想通貨はみんなで山分けになりますが(´・ω・`)

特にビットコインのように価格がぐんぐん上がっている仮想通貨の場合、みんなでマイニングプールに参加してもマイニングが成功すればじゅうぶんな利益を得られるといいます。

マイニングプールはたくさんあり、どこに参加するかということも重要です。

勢力を伸ばしているマイニングプールも多く、特に中国に集中しているという特徴があるようです。

実は中国では工場丸々マイニングのためのコンピューターを設置しているところがあったり、電気代が安いのでガンガンマイニングをすることができるという特徴があります。

そのため、仮想通貨のマイナー(マイニングをする人)は中国に権力者がいることが多いんだそうです。

自分もマイニングプールに参加してみたい…と考えている方もいらっしゃると思いますが、まずビットコインを例に挙げると、ビットコインは透明性の高い仮想通貨です。

つまり、取引の履歴などがすべてみんなに公開されているため、マイニングプール(チーム)がどれくらいマイニングしたかということがわかるはず。

たくさんのマイニングプールがある中で、信頼できるマイニングプールを探すためにはまず公開されているマイニングのシェアを見てみましょう。

そこに名前があれば、信頼できるマイニングプールだと言えますよ!(^^)v

また、ビットコインだけでなくさまざまな仮想通貨でマイニングが日々行われています。

時価総額2位のイーサリアムの場合、マイニングには一般的なデスクトップパソコンに搭載されている「GPU」を利用するとマイニングができるようになっています。

GPUはパソコンのなかでも画像処理にかかわる部分で、CPUよりも大きなデータを一気に扱うためそれだけパワーがあるということになります。

ほかにも、多くのパソコンに搭載されている「CPU」でもマイニングができるという仮想通貨も多く、ビットコインのマイニングに比べて敷居が低いものがたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

仮想通貨 ライトコイン

いかがでしたか?(^^)/

今回は知っているようでなかなか知らない、仮想通貨用語をご紹介してきました!

トランザクション、ローンチ、チャート、ハッシュ値、時価総額、マイニングプール…どれも仮想通貨に関する基本的な用語となっています。

仮想通貨に興味があっても、ちょっと調べてみると横文字だらけ…(゜Д゜;)と抵抗がある方も多いと思います。
(私もそうでした)

ですが、ひとつひとつの言葉の意味がわかると、意外とすらすらと理解していくことができます!

基本的な仮想通貨用語を覚えて、ぜひ興味のある仮想通貨の取引に参加してみてはいかがでしょうか!?(^▽^)ノ

当メディアでは、おすすめの仮想通貨をいくつかご紹介していますよ!

仮想通貨・時価総額ナンバーワンの「ビットコイン」について詳しくはコチラから!

SBIが注目!将来性の高い「リップル」について詳しくはコチラから!

時価総額ランキング2位の「イーサリアム」について詳しくはコチラから!

フォージング(鋳造)が特徴の「リスク」について詳しくはコチラから!

▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます▼

仮想通貨を始めたい方におすすめ♪
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コレからビットコインをはじめ、仮想通貨を購入したい方におすすめなのが「コインチェック」ですっ!

初心者の方におすすめする理由がコチラ♪

・登録無料
・3分程度で登録手続きができる
・スマホで簡単に操作&売買できる
・日本一の最多の銘柄数

取引もスマホで簡単にできますし、1,000円といった少額からでも購入できますよ。

コインチェックでは、ビットコインはもちろん、

・イーサリアム
・リップル
・ネム
・ライトコイン

…といった人気銘柄を含む日本最多数のアルトコインを取り扱っていますよ♪

「仮想通貨をコレから始めたい!」…という初心者の方にぜひオススメの取引所ですよ。

▼無料会員登録はコチラから▼
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 - 資産運用, ビットコイン・仮想通貨, 仮想通貨・ビットコイン

  関連記事

仮想通貨 ビットコイン
【ビットコイン11月分裂問題】いよいよSegwit2xのハードフォーク!B2Xは第二のBTCになれるか?

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 IOTA
【仮想通貨】IOTA(アイオータ)ってどんな仮想通貨?その特徴や将来性は?超注目のDAG技術って?

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 ZCASH ZEC ジーキャッシュ
Zcash(Zキャッシュ)とは?マイニング方法やチャート、将来性、取引所…ビットコインとの違いは?【仮想通貨】

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 ライトコイン
【仮想通貨】ライトコインの特徴や将来性ってどうなの?LTCの今後とビットコインの違いは?

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

コインチェック
【仮想通貨・ビットコインの人気・おすすめ取引所4選】少額スタートOKで安心・気軽に始められる?

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

  • スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です