楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

【イライラ解消】子育て中のストレスをなくす5つの方法とは?ママが笑顔でいられるために出来ること

      2017/12/07

子供 足

こんにちは、マキです!(^^)/

子育て真っ最中のお母さん、毎日お疲れさまです…。

・専業主婦として子どもにつきっきりでお世話をしている方
・保育園に預けて家族のために仕事をしている方

…など、子育ての方法はさまざまですが言えるのはただひとつ。

子育てって大変!!

ということではないでしょうか。

ひとりの人間を大きくしていくわけですから、いくら子育てが楽しいとは言ってもカンタンなことばかりではありませんよね。

さらに、家庭の事情は人それぞれ。

やむを得ずお母さん一人で子どもを育てていかなくてはならない場合や、幼稚園に入るまでは自分がそばで見ていたいけど働かざるを得なくなった…など、育児だけではなく働かなくてはならないこともあります。

育児と仕事に加えて、やっぱり家事も女性の方が負担が大きいという風潮が強いですよね(´・ω・`)
(※もちろん旦那さんが得意!やってくれるというご家庭もたくさんありますよ!)

ママ 子供 女性

家事も育児も仕事も…と手いっぱいになってしまうお母さん。

すると、自分のことがどうしても後回しになってしまうため、なかなか自分の時間を持つことができなくなったり、ストレスをため込んでしまいます。

うまく自宅で発散することができれば良いのですが、イヤイヤ期・反抗期があったり、自分の思いがなかなか伝わらない子ども相手では、やっぱりストレスによって怒ってしまうこともしばしば。

かと言って外に遊びに行くのは母親として気が引けるし、子どもを一緒に連れていくと大変だし…。

息抜きするにも大変です!(;Д;)

そんな日常を過ごしていると、ふと「自分はダメなお母さんだ…」と自分を責めてしまうことがあります。

完璧なお母さんなんていませんし、デキるお母さんになろうとしなくても良いとは思っても、なかなか負のループから抜け出すのは難しいですよね。

そこで知っておいてほしいのが、ママは「イライラして当たり前なんだ」ということ。

子どもを怒ることや子どもや夫に対してイライラしてしまうことは悪いことではないんだよ!ということを、ぜひ知っておいてください。

今回は、我が子はこんなにかわいいのに、「どうしてこんなにイライラ・怒ってしまうの?」ということについて、お話ししていきたいと思います(^^)/

スポンサードリンク

ママのイライラを解消するためのヒントたち

アイディア 電球

イライラしてしまう理由はてんこ盛り!

いつもニコニコ優しいママでいたいけれど、どうしても必要以上に怒ったり怒鳴ったりしてしまう…。

そのあと、ハッと我に返って自己嫌悪してしまう・反省の繰り返しをしているお母さんはとっても多いもの。

まず、子育て中のママがどうしてイライラしてしまうのかを整理してみましょう。

出産による環境の変化

妊婦 出産 女性

出産による環境の変化で、以下のことが起こりがちです。

出産すると
  • 出産を経ていっしょに過ごす人が増えたという変化
  • 育児書通りにいかない=「答えがない」という不安
  • 自分のペースで生活ができないという不満

ひとつひとつは小さなことに思えるかもしれませんが、総じて育児というのはママにとって大きな環境の変化です。

子供は、

・服を着せようとしても嫌がる
・片付けをしない
・ごはんを投げる
・寝ない
・スーパーでひっくり返って泣く

…なんてことはないように思えますが、ひとつの工程に時間がかかったり、思うようなペースで物事を進められないというのはかなり大きなストレスになります。

さらに、

・ママ自身のストレスが溜まりやすくなる
・授乳やおむつ替え、夜泣きで睡眠不足
・公園に連れて行ったり遊んだり、一緒に行動をすることで疲れが生まれる
・妊娠、出産を経て体型や体質が変わる
・妊娠~授乳でお酒やたばこを楽しむことができない

…などの理由で、ママ自身の体や心が疲れてしまいます。

タバコ

今までタバコもお酒も楽しんでいた…というママも、妊娠を機にいっさいやめた!という方が多いですよね。

でも、パパは…?

隣でぷかぷかタバコを吸っていたら、一緒に我慢してほしいと思ってしまいませんか?

また、妊娠中はつわりや体質の変化で自分の予想以上に体型が変化してしまうことも。

そこを誰かにつっこまれてしまうと大きなストレスとなってしまいますし、もちろんダイエットをすることも簡単にはできませんから、さらにストレスがかかるという悪循環に…。

さらに!

・パパが子育てを手伝ってくれない
・周囲(姑や親戚など)の口出しがうるさい
・産後クライシス
・ママ、子ども以外の理由

…など、さまざまな要因で毎日のイライラが積み重なっていってしまいます。

子育ては「予想外」の連続

ひよこ 子供 兄弟 まとめ クローバー

子育て中のお母さんのもっとも大きなストレスは「思い通りにならないストレス」ではないでしょうか。

先ほどもお話ししましたが、子育て中はいつ・何が起こるかわかりません。

私たち人間は生きてきて経験したことから、ある程度の未来予測をすることができます。

車を運転しているときに、横から人が飛び出してきたらどうしよう?などですね。

でも、子どもは時に予想もつかないことをしでかします…。

ママの考えと現実が追い付かず、大きなストレスとなってしまうのです。

さらに、いわゆる「イヤイヤ期」や「反抗期」といった子どもの自我の芽生えによって、どんな小さなことでもスムーズにいかなくなってしまいます。

・靴下をはく
・ごはんを食べる
・お風呂に入る
・おもちゃを箱に入れる

…こんな日常に怒る一挙手一投足すべてがうまくいかなくなってしまうのが、小さな子どもとの生活です。

かわいいわが子であっても、やることなすことひとつひとつに「イヤ!」と泣きわめかれたら、たとえどれだけかわいくてもイライラしてしまうもの。

加えて、夜泣きや授乳で睡眠不足というママのコンディションが悪い状態だったら…。

どうしても、ストレスは溜まってしまいますよね。

パパは日中仕事をしていて、丸一日お子さんの面倒を見る機会が少ないもの。

数十分・数時間ならなぜかぐずらないということもありますし、なかなか理解しづらいのが現実です。

そして、ママ自身はどうしてこんなにわが子にイライラしてしまうんだろう?

…と自己嫌悪し、モヤモヤと考え込んでしまう悪循環に陥ってしまうため、なかなかイライラのループから抜け出せなくなってしまうんです。

子どもの夜泣きやイライラへの対処法

赤ちゃん 出産

産まれたばかりの赤ちゃんは、約3時間ごとに授乳をします。

ミルクではなく母乳で育てる場合には、母乳のほうが消化によく胃腸への負担も少ないので頻回授乳といって、赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませます。

…昼夜問わず、これがしばらく続きます。

ママは続けて寝られないことや、昼夜逆転してしまったり時間のサイクルが整わないまま生活せざるを得ないので、大きなストレスとなってしまいます。

夜にこうして赤ちゃんが泣いて訴えることを「夜泣き」とよく言いますが、赤ちゃんはもともと夜型です。

おなかの中では約20分サイクルで起きて・寝てを繰り返していることがわかっていますが、日中ママが活動する時間はエネルギーを温存し、夜にもぞもぞとおなかの中で動くことが多いんです。

このサイクルが生まれてきてからもしばらく続くことがあり、夜になると「どうして寝ないの…?」という状態になってしまうんですね。

母乳でどうしても育てたい!という方が多いのですが、ママの体が優先的です。

ママがしっかりと休む環境をつくり、ストイックに母乳にこだわるよりも元気に育児をする方が赤ちゃんのためにも、家族のためにも良いことですよね(^^)/

ママが無理しないために出来ること
  • 夜眠るときだけ腹持ちの良いミルクを足す(もしくは寝る前だけミルクにする)
  • パパの休みの前日は交代してもらい、ママひとりで寝る
  • できるだけ搾乳をして冷凍しておく
  • 定期的に実家などを訪れ、赤ちゃんやママ自身が頼れる場所で休息をとる

人によって周りの環境が変わるので全てができるわけではないでしょうが、こうした方法で少しずつママの育児疲れを解消していきましょう!

子育てにはお金が絶対不可欠…経済的なストレスを減らそう!

お金 空

育児をするにあたって絶対に必要なもの…それは、ズバリ「お金」です(´Д`)

妊娠中には妊婦健診を受ける必要がありますし、各自治体で補助がありますが差額を支払う場合があったり、産まれてくる赤ちゃんのために用意しなくてはならないものもたくさんあります。

出産時には費用の多くをまかなうことができる「出産育児一時金」などの補助金がもらえます。

こちらの記事では、出産育児一時金をはじめ、妊娠・出産でかかる費用をまとめてみました!

ですが、妊娠・出産のために仕事を辞めて、パパの収入のみで生活をしていくというご家庭も多いと思います。

子どもが産まれるとおむつ代やミルク代、大きくなるとおやつや食費がかさみ、服もどんどんサイズアウトしていきます。

お金を稼いでいないということを負い目に感じるママは多く、自分自身には特にお小遣いを設定せず、食費のあまりを貯金する・お小遣いにするという方も少なくありません。

お金がもちろんすべてではありませんが、やっぱり「使えるお金」があるかないかでは気持ちにゆとりが生まれます。

お子さんが生まれてある程度生活リズムがついたという方は、クラウドソーシングを利用してお小遣い稼ぎをしてみてはいかがでしょうか?

保育園に預けて外で働くことに抵抗がある旦那さんでも、ネット環境とパソコンがあればOKというクラウドソーシングサイトなら、利用をOKしてくれるのではないでしょうか(^^)/

在宅ワークを多数募集している「ママワークス」の詳しい情報をまとめています!

在宅ワークレポ!クラウドソーシングサービスを比較してみました♪

自分で「買いたい物がある」ときに購入できるお金があることは、ストレスを解消できるひとつのポイントですよ!

さらに、仕事をするということは家庭の中に閉じこもっているママが「社会とのつながり」を持つことができます。

育児以外のやりがいや、報酬という対価をもらうことができることから、クラウドソーシングを利用して活躍するママが増えているんですよ。

旦那さんへの不満・不安…イライラは冷静に伝えよう

夫婦 家族

さて…ママのイライラのナンバーワンと言っても過言ではないのが、パートナーである旦那さんについて。

世の旦那さんの中には、子育てや家事を手伝う人もいれば、帰宅したときにおもちゃが散らかっていると「昼間何やってたんだよ」なんて言葉を投げ捨てる方もいます。

お金を稼ぐ仕事というのは、本当に大変です…!

お客さんや上司に頭を下げ、肉体的にも精神的にも疲れが溜まりますし、さらに一家を支える大黒柱として稼ぐことのプレッシャーもありますよね。

ただ!

仕事が大変、育児が大変と張り合う必要はありませんよね。

仕事も育児もですが、どちらにも「お互いに理解すること」がもっとも必要です。

ママがただ単に育児って大変なのよ!って言っても、パパはピンとこないもの。

逆にパパが仕事で大変なんだよ、疲れてんだよ…と言っても、ママは「帰ってからなんにもしないのに?」なんて思ってしまっていませんか?

お互いにこのような気持ちでいたら、夫婦であるゆえに伝わってしまうもの。

靴 ママ パパ 母 子供

また、パパがなかなか育児に協力してくれない、かわいくないの?と嘆いているママも少なくありませんよね。

これはやはりおなかの中で赤ちゃんを育てているママと、急に「家族」が増えたパパとでは、赤ちゃんが産まれたことの実感の湧き方が違います。

ママは出産を経て赤ちゃんに対する気持ちが高まり、さらにホルモンバランスの関係で不安に感じやすくなったり、少しのことでも気持ちが落ち込んでしまうなどの変化があります。

パパはいつも通り接しているつもりでも、ママは必要以上に落ち込んでしまったり、悪いところが目に付きやすくなってしまうんです。

このようなちょっとした変化が積み重なって、夫婦仲に少しずつ亀裂が入っていってしまいます…。

多くのママは「自分が我慢すれば良い」と、自分を犠牲にしてしまいます。

でも、これだとストレスが溜まってしまうので赤ちゃんに対して「なんで寝ないの?」「どうしてほしいの?」と不安感が強くなってしまったり、イライラしてしまったり。

誰かに気持ちをぶつけられたら良いのですが、愚痴をこぼしても不思議とあまりスッキリしないもの。

他の誰でもない、パパ本人に気持ちを伝える必要があります。

家族なのに我慢し合って暮らしていくのか、自分が我慢すれば良いとため込んでいき、次第に気持ちが冷めていってしまうのか…。

そう考えると、できるだけ亀裂が小さいうちに話し合い、お互いの気持ちを包み隠さず伝え合った方が良いと思いませんか?

コーヒー 話し合い 男女

実は、パパもママに対して不満に思っているところや不安に思っていることが意外とあるものなんですよ。

家事への不満はもちろんですが、そうではなくパパ自身のことに対してです。

旦那さんは「大きな長男」なんて表現をよくされますが、ママにかまってほしい気持ちがあったり、子どもよりも自分を優先してほしいと思うことがあります。

好きで結婚して家族が増えるのですから、そう思って当然だと思いませんか?

でも、ママは妊娠・出産をして気持ちも体も赤ちゃんにシフトしてしまいます。

「子どもがいるのに…」と嫌悪感を抱いてしまうかもしれませんが、パパが寂しいと思う感情はごく自然なことなんです。

産後の生活では、なかなか距離を縮められないという夫婦も少なくありません。

しかし、亀裂が大きくなる前にお互いの気持ちを正直に話してみてはいかがでしょうか?

話し合うポイントとしては、まずは「お互いの言い分・気持ちを聞く」ことです。

「はぁ!?」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、まずは冷静に、お互いの気持ちを話し合いましょう。

家事や育児をしてもらうときには、自分とスキルを比べないようにしましょう。

そもそものスタート地点がママとパパとでは違います、経験値がまったく違うので「新入社員」だと思ってみてはいかがでしょうか。

イライラの解消には「ママにも安心感」が必要

コーヒー 女性 手 温かい

旦那さんの不満や不安を直接聞くことで、こう接してほしいんだなということがわかると思います。

気持ちを伝えたい相手に直接話を聞いてもらうと、ホッとしますよね(*^^*)

ママも同じように、旦那さんに正直な気持ちを伝えるのはもちろんですが、育児についての悩みや不安を誰かと共有しましょう!

自身と同じ境遇で、まさに今同じく育児をしている「ママ友は心強い味方」だと言えます。

ですが、なかなかママ友ができない…(´;ω;`)という方や、人見知りだという方は、ママ友をつくるのは抵抗があるもの。

SNS

人とかかわることが苦手であれば、たとえばSNSでもOKです。

「誰かとのつながりがある」という気持ちが、ちょっとした息抜きや安心感につながります。

ママだって妻であり、女性であり、ひとりの人間です。

ママになったからといって強くなる必要はありませんし、安心感が欲しいと思うのは当然です。

ほっとできる、安心感が得られることで自己肯定をしやすくなりますし、育児にも良い影響をもたらしてくれるはずですよ(^^)/

育児以外の「手間」を減らしてストレス軽減!

女性 海 自由

まったく手がかからない赤ちゃんがいる一方、家事がまったくできない!というほど育児にかかりっきりのお母さんはかなり多いですよね。

かわいいわが子、泣いていたらずっと抱っこしてあげたいし、ずっとそばにいたいですよね。

でも、それがなかなか叶わないのはなぜでしょうか?

ママは育児のほかにも料理や掃除、洗濯といった家事をしますよね。

…では、育児以外の手間を減らすことができればより育児に専念することができますし、あれもこれもしなくてはならない…というストレスを軽減できるのではないでしょうか?

ここでママの時間に余裕を作るための工夫を紹介しますね。

時短家電を利用する

洗剤 食器洗い

・お掃除ロボット
・全自動洗濯乾燥機
・食器洗い機

…など家事の手間を減らしてくれる家電がたくさんあります。

どれかひとつでも利用してみると、その家事の手間をぐんと減らすことができます。

旦那さんが承諾してくれない場合には、家事を時短できることで育児や他の家事に手が回るようになることや、気持ちに余裕が生まれることなどメリットを伝えてみましょう(^^)/

便利食材を利用する

料理 鍋

・カット済の野菜
・下ごしらえ済みの食品
・冷凍食品

…など、さまざまな便利食材がありますよね。

サラダやカット野菜はコンビニでも手軽に手に入れることができますし、わざわざスーパーに行かなくても散歩がてらお買い物に行けば良いですよね。

炒めるだけでOK、温めるだけでOKなど簡単な食材を利用して、料理の時間を短縮してみてはいかがでしょうか。

まじめな日本人は、このように「便利なものを使う=ラクをする」と考えがち。

そうではなく、いかに手を抜いて気持ちや生活にゆとりを持つか…ということを考えてみてください。

視点を変えるとサボるのではなく、家族と向き合う時間を作ることにつながりますよ。

ヨシケイ イメージ

実は私自身も忙しい時に食材宅配の「ヨシケイ」を利用していたことがありますが、本当に便利です!

毎日バタバタして本当に余裕が無いときに少しでも時短できるものがあることは助かります。

贅沢かな?と思わず、ママに余裕ができて笑顔でいられために取り入れても良いのではないかと思います。

まとめ

ママ 母 子供 女性

いかがでしたか?(^^)/

お母さん=優しいというイメージがあると思います。

が、本当に優しいというのは怒らない・イライラしないお母さんではありません!

「怒ることができないお母さん」が増えたという言葉をよく耳にするようになりましたが、子どもはやりたい放題になってしまいますよね。

人に迷惑をかけてしまったり、傷つけてしまったり、自分本位な考え方を当たり前だと考えるようになってしまうかもしれません。

だったら、少しくらいガミガミ言う方が子どものためになりますよね。

優しいことがお母さんであるなら、ロボットで十分です!

そうではなく、善悪を教え、ときにはイライラしたり悲しい感情を子どもや夫とぶつけ合う、そうして子どもの感情は豊かにはぐくまれていくのではないでしょうか?

お母さんだって生身の人間です、怒ることは「当たり前」なんです。

「一日中イライラして怒りっぱなしだった…」と落ち込むことがあっても、それが1年も2年も毎日続くわけではありませんよね。

楽しい思い出の方が子どもは多く感じるはずですし、ママがイライラして怒っても子どもはやっぱりママが大好き。

パートナーである旦那さんとも気持ちを共有し、より「家族」としての絆を深めていってみてください(^▽^)ノ

 - 副業・ネットビジネス, 子育て・育児, 時間の節約, 雑記

  関連記事

アイキャッチ マイク 女性 カラオケ
一人カラオケ歴10年以上の主婦がおすすめする4店を紹介!ストレス発散に最適な「ヒトカラ」を楽しんじゃおう!

こんにちは、マキです!(^^)/ みなさんは普段ストレスをどのように発散している …

アイキャッチ トップバリュ イオン
【トップバリュおすすめ商品44選】主婦が実際に買っている人気商品は?|食料品

こんにちは☆ Kanaです!! 最近、「PB商品(プライベート商品)」の質がぐっ …

アイキャッチ 財布 お金 手
簡単な方法で買いすぎを防ぐ!衝動買いで後悔する前に知っておきたいこと【魔法の言葉:後編】

こんにちは!! Kanaです☆ 先日紹介した財布の紐を締める記事、読んでいただけ …

アイキャッチ 買い物 ショッピング 袋
簡単な方法で買いすぎを防ぐ!衝動買いで後悔する前に知っておきたいこと【魔法の言葉:前編】

こんにちは!! Kanaです☆ お買い物するときにお客様を引き付けるキャッチコピ …

女性 主婦 色鉛筆
【簡単に再利用】捨てる前にまだ活用できる!生活の知恵を伝授「保冷剤・チラシ・ショップ袋など」

こんにちは☆ Kanaです!! もうすっかり定着した「エコ(ECO)」という言葉 …

  • スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です