楽ラク節約錬金術

ホントに必要なモノにお金を使いたい…。そんなあなたに…。日々の節約術や副業に関するお得な情報をお届け♪

仮想通貨を今からはじめても遅くないと思う4つの理由【初心者・新規参入向け】

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、マキです!(^^)/

▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます▼

今や知名度もぐぐっと上がった「仮想通貨」ですが、みなさんは保有していますか?

儲かるというイメージが先行しがちですが、それだけでなく大きなリスクがあることも知っておかなくてはなりません。

そのことを周知させたのが2018年1月に起こった「コインチェックのハッキング事件」だと思いますが、この事件をきっかけに、仮想通貨は終わった・仮想通貨バブルは崩壊したなんて発言を見かけます。

そのため、今から仮想通貨をもつなんてもう遅いのでは?という声を聞くこともあります。

果たして本当にそうなのでしょうか…?

今回は、仮想通貨に興味があるけどなかなか勇気が出ない、仮想通貨を保有するなんてもう遅いんじゃないの?と思っている方向けに、そうではないんだよ!ということをお伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク

今からでも「億り人」を目指せる!?

仮想通貨 ビットコイン

「一攫千金」という夢のような言葉を現実的にしてくれたのが、仮想通貨です。

実際に仮想通貨の投資を行った結果、多くの方が「億り人」になりました。

※億り人って?
仮想通貨の投資の結果、利益が1億を超えた人のこと。

いわゆる未成熟の「草コイン」の投資が、そのうち芽を出してとんでもない高騰を見せた…というパターンが多くなっています。

そのため、数十倍から数百倍というとんでもない倍率で伸び、大きな利益を手にすることができたのです。

では、今から参入した場合はどうでしょうか…?

大暴騰を見せる草コインはなかなか見つからないかもしれませんが、すでに芽吹いているようなコインをキャッチしていくのが良いでしょう。
(これが難しい…)

仮想通貨を買ってみよう!リスクに注意

そもそも、仮想通貨に手を出すタイミングがもう遅いのでは?…と考える理由は何なのでしょうか?(´・ω・`)

仮想通貨に手を出すタイミングがもう遅いと感じる理由
  • もう爆益にならないのではないか?
  • めんどくさそう、よく知らない
  • 詐欺も多いしリスクが高いのでは

仮想通貨をまったく知らない方の場合、こういった理由があげられるのではと思います。

では、これをひとつずつなくしてみましょう!

↓仮想通貨をはじめたい方におすすめ↓

↓初心者必見!仮想通貨のおすすめ銘柄をご紹介↓

詐欺も多いしリスクが高いのではないか?

スキャム 詐欺

詐欺のことを「スキャム」とよく呼びますが、確かにスキャムの割合は多いです。

仮想通貨のコイン開発のために出資金を集める「ICO」と呼ばれる計画がありますが、こちらも多くがスキャムと言われています。

出資金を集めるだけ集めてトンズラされる…というパターンが多いからです。

仮想通貨 ICO

また、取引所でコインを保管しているとハッキングされるリスクもありますし、かといって自身で保管をしていてもコインを取り出すためのキーを忘れてしまったり…というリスクがあります。
(※ちなみにこのキーを忘れるとコインを一生取り出すことができませんので注意!)

リスクは常にあります。が、それ以上に仮想通貨の魅力に取りつかれている方が多いのも事実なのです。

もう今後は爆益にならないのではないか?

草

確かに、2017年のように高騰しそうな草コインを買って、数十倍・数百倍の利益を上げるということは難しいと思います。

草コインと呼ばれるコインはただ単に価格が低いというだけでなく、そもそもプロダクト(商品)がないこと、つまり実用化される予定がないことや、なんでつくられたの…?というものが多いのです。

使われる予定がなかったり、取引所に上場されないと売買を行うことができないため、いくら草コインを買い集めてもそのトークンに価値がないのです。

つまり、草コインで儲けよう♪と考えている方は、まずその草コインをイチから探して、どのような根拠があって今後価格が上昇するかということを見極める必要があります。

…かなり大変な作業に感じますよね?

草コインと一口に言っても、数千種類のコインがあると言われています(!)

ここから今後売れそうなコインを探すのは至難の業。

なので、今後は草コインで一攫千金!というスタイルではなく、日本でも購入できるような主要アルトコインを中心に買い集めていくことをおすすめします。

「億り人」というほどの爆益ではなくても、かなりの利益を手にできる可能性は十分にあります。

めんどくさそう、よく知らない…

こちらも、仮想通貨にこれまでかかわったことがないという方に多い問題です。

確かに、仮想通貨は面倒そうです。

仕組みをきちんと知らなければ「??」と混乱してしまいますし、さらにせっかくコインを購入したとしても知らぬ間に資産を減らしてしまうことにもつながります。

仮想通貨 ブロックチェーン

この仕組みに関してなのですが、ビットコインをはじめとする仮想通貨には「ブロックチェーン」という技術が利用されています。

コチラの記事で、ブロックチェーンについて詳しく解説しています!

これまでの送金といえば、銀行を利用した振り込みを行うのが一般的でしたが、仮想通貨では銀行のような中間部分をなくして送金を行うことができるため、手数料もぐんとおさえられるほか、送金がとても速く終わります。

こういった素晴らしい技術をきちんと理解すれば、おのずと仮想通貨が世の中にどのように求められていくかがわかるでしょう。

パソコンも、インターネットも、スマホも、便利で革新的なものは最初はなんでも敬遠されがちです。

しかし、世の中に認知され浸透していけば必要性が高まっていくでしょう。

この点について、次で詳しく解説します☆

理由その1・大手企業の参入

仮想通貨バブルは崩壊した」という発言をよく見かけます。

相場を高めたいがゆえに、逆の意味でわざとこのような発言をしている方もいらっしゃいます(;^ω^)

では、実際にはどうでしょうか?

確かに、2017年末のお祭り相場を目の当たりにすると、今の価格はかなり下がってしまったかのように見えます。
(2018年4月19日現在・1BTC=88万円)

目の前の価格だけを見ればそう感じるかもしれませんが、実際には今後の仮想通貨界隈はかなりの盛り上がりを見せることが予想できます。

その根拠としては、大手企業が次々と仮想通貨関連の事業に手を出していること

先日報じられたニュースによると、金融庁が認可する仮想通貨交換業者に登録するために、100社以上の名前が連なったといわれています。

実際に、2018年に入ってから誰もが知っているような大きな会社が仮想通貨の世界に参入してくることがわかっています。

仮想通貨の世界に参入してくる大企業達
  • メルカリ
  • LINE
  • サイバーエージェント
  • オウケイウェイヴ
  • SBIホールディングス

などなど。

そんな大手企業が、今から仮想通貨事業に参入するということは…今後さらに盛り上がりを見せることは間違いありません。

取引所をつくるにしろ何にしろ、仮想通貨に関するサービスを行うことは確定的です。

こうした大手企業が続々と参入してくることは、多くの方にとって安心材料となりますよね。

コインチェック

2018年1月にハッキングを起こしてしまった取引所・コインチェック社についても、先日大きな証券会社であるマネックスグループの買収が決定しました

これだけの大手が買収に踏み切ったということは、リスクがあっても将来性があるとみなされたことになります。

こうして大手企業に引っ張られて、中小企業もどんどん仮想通貨に関連する事業を展開することでしょう。

理由その2・仮想通貨は早い者勝ち

仮想通貨 ビットコイン

日本円ではあまり意識したことがないかもしれませんが、「お金」はたくさんつくることができますよね?(´・ω・`)

なので、言ってしまえば尽きることがありません。

では、仮想通貨は…?

もっともポピュラーなビットコイン(BTC)を例にあげてみますが、ビットコインは無限ではありません。

もともとビットコインが作られたときに「2,100万枚」という発行上限枚数がすでに決められていたんです!

ビットコインについて詳しく解説しています♪

では、時間が経ってみんなが市場に出回っているビットコインを買い集めたらどうなるでしょうか。

市場に出回る=みんなが買えるビットコインの量が減るということで、希少性が高くなりますよね

ビットコインがなかなか手に入らない!

そんな状態になれば、当然ビットコイン1枚あたりの価格はぐんと上昇しますし、もし保有していれば高値で売ることだってできます。

時間が経てば経つほど、ビットコインをはじめ仮想通貨は人の手にどんどんわたっていき、ついには自由に変えるコインがなくなってしまう可能性だってあります…!

ということで、仮想通貨の世界に足を踏み入れるなら早いほうが良い!ということです(*’▽’)

コインの種類によっては、発行上限枚数が決められていない=無限というものもありますが、大半はビットコインのように発行枚数が決められています。

各コインによって違いますので億単位の枚数もありますが、それでも上限があるということは価格が高騰する理由にもなりえます。

理由その3・法の未整備

仮想通貨 ビットコイン

もうひとつ、早めに参入したほうが良いという理由があります。

それは「無法地帯」だということ。(!)

無法地帯と言うとちょっと聞こえが悪いように思えてしまえますが、実際に株の世界では一発でアウト(犯罪)ということも、仮想通貨の世界ではグレーゾーン(セーフ)ということがあります。

まだそれだけ政府も法を整えられる状況ではないくらい、仮想通貨の進化がすさまじく早いということがわかります。

そのため、仮想通貨は仕組みやFXなどのやり方を覚えていくと資産を増やすことが出来る可能性があります。

将来に悲観的な若年層の方が、仮想通貨の仕組みを知って感動し、トレードをして稼ぐことができ、その結果自分の好きなことを選択して生きていく…という方もいらっしゃいます。

このように、仮想通貨は多くの方の夢を背負っている世界となっているんです…!

理由その4・Webbot(ウェブボット)

インターネット ウェブボット

仮想通貨をやっている方なら一度は耳にしたことがあるであろう「Webbot(ウェブボット)」の文字。

これは、インターネット上で情報収集をしてくれるプログラムのことをいいます。

ネット上の書き込みの「感情」を読み取ってくれるそうで…単なるAIとは違って、そこから仮想通貨(ビットコイン)の価格を予想してくれます。

信憑性があると言われていますが、2018年に入ってからは不測の事態(コインチェック事件)が起きるなど、不調気味…?(;^ω^)

ただ、ウェブボットは2018年年末には1BTC=10000ドル(1,000万円!)に達するという、なんとも強気な予想も飛び出しています!

本当にそれくらいの価格になったとしたら、もちろん仮想通貨界隈はお祭り騒ぎとなるでしょう…。

ビットコインはすべての仮想通貨の基軸通貨ですから、もしもビットコインの価格上昇があるのであればかなりお祭り騒ぎになることが予想されます。

さらに、ウェブボットの予想はリップルやビットコインキャッシュといったビットコイン以外の「アルトコイン」についても、上昇傾向にあると予想をしています。

ウェブボットの予想について詳しくは有料になるのでここには書けないのですが、強気の相場予想がなされているようです。

この予想の反応としては、半信半疑という方もいらっしゃる一方で、これまでの的中率から信憑性が高いのでは…?という方などさまざま。

内容が気になる方は、日本語訳をして割安で販売してくださっている方もいらっしゃるので、ぜひ調べてみてくださいね☆

↓仮想通貨をはじめたい方におすすめ↓

↓初心者必見!仮想通貨のおすすめ銘柄をご紹介↓

これから持ちたいおすすめのアルトコイン!

仮想通貨 アルトコイン

このことを踏まえて、安定感のある主要アルトコインについて見ていこうと思います。

イーサリアム(ETH)

仮想通貨 イーサリアム eth

bitFlyer(ビットフライヤー)ザイフ(Zaif)など、ほぼすべての取引所で売買することができるアルトコインです。

このイーサリアムを土台にして、新しいトークンが次々に生み出されています。

また、ICOに参加するときに必要なお金もイーサリアムで支払うことが多いです。

取引所でコインを購入するときに、ほぼすべてビットコインを基準とした価格で表示される「BTC建て」となりますが、もうひとつ「ETH建て」で表示されるところも少なくありません。

ビットコインではなく、イーサでもほかのコインを購入できるということですね!

なので、特に海外の取引所を利用する方はICOに参加する以外にも、コインの購入のためにイーサも持っておきたいところです。

コチラの記事で、イーサリアムについて解説しています!

リップル(XRP)

仮想通貨 リップル ripple xrp

良い材料があってもなかなか上がりにくいコインとして知られています(笑)

そのぶん、いったんきっかけがあって上がると昨年末の高騰のようにしばらく上昇が続くかもしれません。

また、リップルは多くの銀行が今後利用していくことがほぼ決まっています。

現在はそのための準備期間といったところでしょうか。

送金アプリの開発が進んでいたり、世界の銀行でリップル社のツールを導入するなど、リップル(XRP)が今後利用されていく流れがつくられています。

今のところビットコインに比べて単価も安く、発行上限枚数もかなり多いためたくさんの方が買い増しを行っています。

コチラの記事で、リップルについて解説しています!

ネム(XEM)

仮想通貨 ネム NEM

コインチェックでハッキングされたことにより、広く知られることになったネム。

今一度お話しておきますが、コインチェックの事件についてはネムの責任ではなく、あくまでコインチェック側の管理態勢に問題があったということです。

ネムに一切非はなく、ハッカーに狙われた理由も具体的にはまだわかっていません。

さて、ネムが注目される理由のひとつとしては「カタパルト」というものがあります。

Zaifを運営するテックビューロ社が開発する「mijin(ミジン)」というプライベートブロックチェーンがあり、mijinにカタパルトが実装されることが発表されました☆

仮想通貨 nem ネム mijin

カタパルトは簡単に言えば「パワーアップ」のこと。

取引にかかる処理能力が格段にアップするため、ビットコインで発生していた送金詰まりを解決できます。

これが後日、mijinに実装されたあとNEMにも実装されることが決まっているんです。

事件があって現在は大きく値を下げているNEMですが、NEMのコミュニティはいつでもにぎわいを見せていること、カタパルト実装の予定があることなど、高騰につながる好材料がいくつも控えています。

コチラの記事で、ネムについて解説しています!

ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨 ビットコインキャッシュ

もともとは「ビットコインの神」と呼ばれていた投資家、ロジャー・バー氏が「真の“ビットコイン”はビットコインキャッシュだ」と発言したことで話題になりました。

2017年8月にビットコインからハードフォークして誕生したビットコインキャッシュですが、その目的はスケーラビリティ問題、つまりビットコインの送金詰まりを解消することが大きな目的でした。

ビットコインはもともと、海外でもどこでもサクッとスピーディーに送金ができ、なおかつ送金にかかる手数料が安い!という画期的な送金手段としてつくられたものです。

それが、ビットコインのネットワークで送金が滞ってしまい、いわゆる「送金詰まり」が発生してしまいました…。

これにより送金手数料は数千円に高騰し、送金が完了するまでに大幅な時間がかかってしまいました。
(とは言っても通常の国際送金に比べると早いのですが…)

フォーク

ビットコインキャッシュは、この問題を解決してくれるコインだといいます。

誕生からわずか1か月で時価総額1兆円を超えたほか、ビットコインキャッシュのハードフォークを皮切りに次々とフォークコイン(分裂したコイン)が誕生しましたが、大きく成功しているのがこのビットコインキャッシュです。

送金手段としてすでに利用されているところもあるほか、もともとのビットコイン開発者、サトシ・ナカモトの理念を真に受け継いでいる!と言われています。

そのため、ビットコインコア派(もとのBTC)とたびたび対立することもありますが、需要の高い魅力的なコインだと言えるでしょう。

ネオ(NEO)

仮想通貨 ネオ NEO

中国生まれのコインで、イーサリアムと同じように土台となり、ここからさまざまなトークンが生み出されています。

NEOをベースに誕生したコインも取引所にどんどん上場されていて、注目を集めているんですよ。

中国といえば、仮想通貨に対する規制が厳しい…というイメージもあるため、規制にともなう下落のリスクがないわけではありません。

しかし、「中国版イーサリアム」と呼ばれるその機能と認知度、そして多くの開発者が利用しやすい機能を備えているため、かなり注目度の高いコインだと言えるでしょう。

…これらはもちろん一例ですし、とんでもない急激な高騰を見せるコインもたくさんあるでしょう。

ただ、いわゆる「主要アルトコイン」は需要も高いだけでなく、すでに支払い方法として利用されている部分もあるほか、知名度の高さなどどれをとっても言うことナシです!

コインの見極めとしては、開発者の意図はもちろんですが実際に利用される「プロダクト(製品)」、つまり実用的かどうかという部分に注目です。

他にもたくさんのコインがありますが、これから仮想通貨の世界に参入する方にとって右も左もわからない…という場合、まずはこういった主要なコインを少しずつ買ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ ポイント

いかがでしたか?(^^)/

仮想通貨はよくわからないから…とちゅうちょする方はとても多いです。

確かに、仕組みも何もわからないものに手を出すのは無謀だと思いますし、リスクも高く危険ですよね。

だからこそ、きちんと学んでみませんか?(*´ω`*)

パソコンやインターネット、スマホが登場して多くの方が「こんなの使わないよ~」と言っていたころを思い出してみてください。

仕組みを理解して、今仮想通貨がどのように使われているのか、そして大手企業を筆頭にどんどんこの世界に足を踏み入れている企業が増えていることを知り、仮想通貨の可能性を知ってみてください。

「難しい」という先入観でそのままにしておくのは、ちょっともったいない気がします…(;’∀’)

ぜひ、ひとつでもコインの特徴を見て、知ってみてくださいね♪(^▽^)ノ

↓仮想通貨をはじめたい方におすすめ↓

↓初心者必見!仮想通貨のおすすめ銘柄をご紹介↓

 - 資産運用, ビットコイン・仮想通貨, 仮想通貨・ビットコイン

  関連記事

仮想通貨
仮想通貨アルトコインおすすめ・人気銘柄31選【2018年最新版】購入できる取引所もご紹介!

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

ビットフライヤー bitFlyer
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設~使い方まで徹底解説!入金方法や手数料も画像付きで解説!

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 ビットコイン
【仮想通貨】2017~2018年ニュース・激動の動き一挙まとめ!新規参入者の予習もコレでOK!

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

仮想通貨 ネオ NEO
仮想通貨「NEO(ネオ)」の特徴や将来性を解説!購入できる取引所は?GASって何?

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

モナコイン MONA
1年で約700倍「モナコイン」とは?2chで誕生したMONAの買い方とその将来性について

こんにちは、マキです!(^^)/ ▼仮想通貨のTwitter・ブログもやってます …

  • スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です